ヌート

世界大百科事典 第2版の解説

ヌート【Nut】

古代エジプトの天空の女神。ヘリオポリス神学によれば,大地の神ゲブの妻,オシリス,イシス,セト,ネフテュスの母で,ヘリオポリス九柱神の一人,シューテフヌートの娘とされる。シューに支えられて,両足と両手を東西の地平線に置いた姿で表されるが,地上に立つ巨大な牝牛の姿をとることもある。体には星辰がちりばめられ,太陽神ラーの聖船が昼夜そこを行き来するとも信じられた。また,原初の水の化身たるヌーNuの妻とも考えられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヌートの言及

【ゲブ】より

…古代エジプトの大地の神でヘリオポリスの九柱神の一人。シューとテフヌートの子ども,ヌートの兄で夫,オシリス,イシス,セト,ネフテュスの父でもある。ヌートと一体であったがシューによって引き離され,ヌートは身に星辰をちりばめた大空となったとされる。…

※「ヌート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android