コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気海観瀾 キカイカンラン

4件 の用語解説(気海観瀾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きかいかんらん〔キカイクワンラン〕【気海観瀾】

日本最初の物理学書。青地林宗著。1巻。文政10年(1827)刊。西洋の理科書を抄訳し、物質の定義、力学や自然現象を図解して漢文で説明したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きかいかんらん【気海観瀾】

青地林宗(あおちりんそう)が1825年(文政8)に書き,27年に出版した日本で最初の物理的科学の刊本。桂川甫賢(1797‐1844)による序文4ページと凡例4ページ・本文80ページ・図6ページからなり,全文漢文で書かれている。〈凡例〉に,さきに西洋の理科書を渉猟し,格物綜凡若干編を訳述したが,そのうち〈気性〉数十章を抄し,気海観瀾と題し出版する,とある。その内容は,体性,引力,温質,気性,気種,窒気,清気,燃気,硬気,吸気,光,色,音,越列吉的爾(エレキテル),気化,雲,雨,電雷,虹,水性,験水,潮汐等40項目にわたり,19世紀初頭ヨーロッパの物理・化学の基礎的知識が簡潔に記述されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きかいかんらん【気海観瀾】

日本最初の物理学書。青地林宗著。1825年成る。蘭書から抄出したもので、物質の定義に始まり、力学・自然現象などを扱う。のち川本幸民が「気海観瀾広義」として詳述(1851~58年)。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気海観瀾
きかいかんらん

日本で最初の物理科学書。青地林宗(あおちりんそう)が1825年(文政8)に訳述、27年に刊行。すでに『格物綜凡(かくぶつそうはん)』と題して訳述していたボイスJohannes Buys著の理科の書『Natuurkundig Schoolboek』(1798)のなかから「気性」に関する部分だけ数十章を抄出したもので、漢文で書かれ、簡略で意義は難解である。林宗は「理科は義理の大学」といい、また「理科は物則の学なり」とも規定し、経験科学を唱道している。
 本文は物質の定義に始まり、引力・圧力などの力学、気体・液体・固体の性質、光・色・音から、風・雲・雷電・虹(にじ)・潮汐(ちょうせき)などの自然現象に及ぶ40項目からなり、自ら試作した器具も利用して19の図を添えて解説を深めている。それまでの伝統的な宋(そう)哲学に基づく観念的思弁の「窮理(きゅうり)の学」から離脱して、近代的「究理」の思考に立脚している点が特色である。この立場は川本幸民(こうみん)や帆足万里(ほあしばんり)、広瀬元恭(げんきょう)らに継承された。[片桐一男]
『狩野亨吉他監修『日本科学古典全集6 気海観瀾』復刻版(1978・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の気海観瀾の言及

【青地林宗】より

…訳書は,V.M.ゴロブニンの日本幽囚中の日記の蘭訳本を馬場佐十郎の後を継いで和訳した《遭厄日本紀事》をはじめ,《依百乙(イペイ)薬性論》《訶倫(ホルン)産科書》《医学集成》《公私貌爾觚(コンスブルグ)内科書》などの医薬書,《輿地(よち)誌》《輿地誌略》などの地理書,I.V.クルーゼンシュテルンの《世界航海記》の蘭訳本を和訳した《奉使日本紀行》や《居家備用》など多数にのぼる。また,オランダのボイスの《Natuurkundig Schoolboek》の訳などをもとに,25年日本最初の物理学書とされる《気海観瀾》を執筆し,27年に出版。32年(天保3)水戸藩主徳川斉昭に招かれ,医官兼西学都講となったが,翌年病没,浅草曹源寺に葬られた。…

※「気海観瀾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

気海観瀾の関連キーワード青地秀太郎青地林宗上地林平地林青地可頼青地兼山青地浚新斎青地斉賢青地宗白青地礼幹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone