ヌーボーレアリスム(英語表記)〈フランス〉Nouveau Réalisme

デジタル大辞泉の解説

ヌーボー‐レアリスム(〈フランス〉Nouveau Réalisme)

1960年、ミラノで結成された前衛美術集団。工業生産品などを用いて、現代の自然・環境そのものを提示しようとした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ヌーボーレアリスム【nouveau réalisme】

1960年、美術批評家レスタニーの呼びかけのもと、イブ=クラインやティンゲリーを中心に結成された前衛芸術家グループの理念。工業化された現代社会の現実に、断片的な事物をそのまま提示することで肉薄することを唱えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android