コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネグロ川 ネグロがわRío Negro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネグロ川
ネグロがわ
Río Negro

アルゼンチン中南部を流れる川。アンデス山脈中に源を発する多くの小河川を集めたネウケン川とリマイ川が,ネウケンの近くで合流してネグロ川となり,リオネグロ州を横切って東,次いで南東へ流れ,ビエドマの下流で大西洋に注ぐ。全長約 650km (ネウケン川を含めると約 1100km) のうち下流部の約 400kmが航行可能。河水水力発電のほか,灌漑に利用されて穀物やブドウその他の果樹が栽培される。

ネグロ川
ネグロがわ
Río Negro

ウルグアイを流れる川。ラプラタ川をつくるウルグアイ川の左岸支流。ブラジル南端部の丘陵地帯,バジェの東に源を発し,南西流してウルグアイに入ったのち,西南西ないし西に流れながら同国中央部を横切り,メルセデスを経てソリアノでウルグアイ川下流部に注ぐ。中流部,パソデロストロスのやや上流にリンコンデルボネテ水力発電所とダムが建設されており,その上流に大規模な人造湖ができている。最下流部では川幅が広くなり,河中にビスカイノ,ロボスなどの小島がある。全長約 800kmであるが,航行できるのは最下流部の約 70km。

ネグロ川
ネグロがわ
Rio Negro

アマゾン川左岸の大支流で,おもにブラジル北西部アマゾナス州を流れる。コロンビア東部の熱帯雨林地帯にグアイニア川として源を発し,東流したのちコロンビア=ベネズエラ国境に沿って南南東へ流れ,サンカルロス付近でオリノコ川水系との天然の連絡水路であるカシキアレ川が合流,これより下流がネグロ川と呼ばれる。同国境を離れブラジルに入ったのち,ほぼ赤道直下を東流,次いで南東へ転じながら南流してきたブランコ川を合せ,マナウスのやや下流でアマゾン川本流に注ぐ。全長約 2000km。沿岸の人口は少いが,点在する集落にとって重要な交通路となっている。河名はポルトガル語で「黒い川」の意であるが,これは,この川の源流部が漂白された砂質地帯で,シルトがほとんど運搬されないため河水が透明で,かつ沿岸の沼沢地帯から多量の有機物が溶込んで黒ずんでみえることに由来しており,シルトを含んで黄濁したブランコ川 (「白い川」の意) やアマゾン川本流と著しい対照をなす。アマゾン川本流との合流点では,両川の流れが速いため,黒ずんだ水と黄濁した水が混流せず,数 kmにわたってはっきりと分れたまま流れる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ネグロ川の関連キーワードネグロ[川](アルゼンチン)アナビリャーナス国立公園中央アマゾン保全地域群アドルフォリスボア市場アマゾーナス劇場バイア・ブランカアマゾン[川]ナウエルワピ湖フライベントスアマソナス准州タクアレンボ県ソリモンイス川ソリモンエス川リオ・ネグロアルゼンチンドゥラスノ県セロラルゴ県リオネグロ県ロライマ州ネウケン州

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android