コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネズッポ

百科事典マイペディアの解説

ネズッポ

ネズッポ科の魚の一群の総称。ネズッポ(別名ネズミゴチ)が最も普通で,日本各地の沿岸に多い。地方名が多く,ノドクサリ,ナメラゴチ,テンコチ,メバゴチなどとも。全長20cmくらい。
→関連項目コチ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネズッポ

スズキ目ネズッポ科の海産魚の総称,またはそのうちの1種を指す。ネズッポCallionymus lunatus(イラスト)は日本各地の沿岸でごくふつうに見られる小型魚で,全長20cmくらい。鹿児島でゴツババ,シックイ,高知,大阪でノドクサリ,福岡でメゴチ,小名浜でニガジロと呼ばれるなど,地方名も多い。別名のヌメリゴチ,浜名湖でのネバリゴチ,富山県新湊のベトゴチなどの名称は,皮膚から多量の粘液を出しぬるぬるすることによる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネズッポ
ねずっぽ / 鼠坊
dragonet
[学]Callionymidae

硬骨魚綱スズキ目ネズッポ科の海水魚の総称。世界中の熱帯から温帯まで分布し、日本では北海道南部から琉球(りゅうきゅう)諸島まで分布する。沿岸から水深200メートル前後の大陸棚縁辺部までの砂泥底にすむ。全長は3センチメートル余りで成熟するものから20センチメートルに達する種類までさまざまである。体は上下に扁平(へんぺい)で細長い。一見、コチ類(カジカ目コチ科)に似ているが、体に鱗(うろこ)がないことと、口が小さく、前下方に突出することで容易に区別される。体表面に粘液を多量に分泌し、手に持つとぬるぬるする。鰓孔(さいこう)は小さくて背方にあり、前鰓蓋骨(ぜんさいがいこつ)(えらぶたを構成する骨の一つ)に強い棘(とげ)がある。大きな胸びれと腹びれを使って海底を滑るように泳ぐ。老幼雌雄でひれの形や斑紋(はんもん)が異なる。一般に雄では成長すると背びれ、臀(しり)びれ、尾びれが大きく、あるいは長くなり、斑紋が美しくなる。体の背中は黄褐色で大理石様の斑紋があり、海底の砂の色とよく似ている。
 多毛類(ゴカイの仲間)、ヨコエビ類などの底生小動物を捕食して生活する。産卵期には、雄は背びれや臀びれを立てて、雌を誘い、ペア(つがい)が成立すると、雄と雌はまるで手を取り合うように互いの腹びれの先端を重ね、体を寄せ合って上昇し放卵放精をする。産卵期は種類によって異なるが、春から秋までの時期のいずれかである。卵には特徴的な亀甲(きっこう)模様があり、ほかの魚種の卵と容易に区別される。
 世界では19属130種余りが知られ、日本には13属29種がいる。沿岸の底引網、釣りなどでごく普通にとれるので、日本各地でいろいろな地方名がある。たとえば、ノドクサリ(高知、大阪地方)、メゴチ(東京、福岡地方)などである。ネズッポといえばとくにヌメリゴチRepomucenus lunatusをさすこともある。体の粘液を落とすため料理に手間がかかるが、肉は白身でよくしまり、煮つけ、てんぷらにしておいしい。[中坊徹次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネズッポの言及

【メゴチ】より

…カサゴ目コチ科の1種メゴチSuggrundus meerdervoorti(イラスト)を指す場合と,ウバウオ目ネズッポ科魚類の総称として用いられることがある。釣人の間で使われる場合は,ほとんど後者を指す。…

※「ネズッポ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネズッポの関連キーワード魚類/主要用語解説ハタタテヌメリトビヌメリホロヌメリヤリヌメリコチ(鯒)ベニテグリヨメゴチ底引網旗立粘紅手繰定着魚滑𩶅魚旗立滑浜魚雌鯒鳶粘鼠坊槍粘鼠鯒

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android