コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネプツニウム系列 ネプツニウムけいれつneptunium series

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネプツニウム系列
ネプツニウムけいれつ
neptunium series

人工放射性核種崩壊系列 (放射性崩壊系列 ) の1つ。超ウラン元素の発見に伴い天然に存在しない質量数 4n+1 ( n は正の整数) の核種の崩壊系列が見出され,この系列中の最長寿命核種がネプツニウム 237 (半減期 2.1×106 年) であることからネプツニウム系列と呼ばれるようになった。系列の最終核種は 83番元素ビスマスの安定同位体ビスマス 209である。α線源として広く利用されるアメリシウム 241はこの系列に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ネプツニウム系列【ネプツニウムけいれつ】

放射性元素の崩壊系列の一つ。ネプツニウム〜ビスマス(図),質量数は4n+1で表される。長寿命のものがないため自然界にはみられないが,人工的な放射性崩壊系列として1947年に発見。
→関連項目放射性元素

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ネプツニウムけいれつ【ネプツニウム系列】

ネプツニウム二三七から始まる天然に存在しない放射性核種の崩壊系列。七回の α 崩壊と四回の β 崩壊を行なって、ビスマス二〇九になる。これに属するすべての核種の質量数は 4n +1 と表されるので、4n +1 系列ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネプツニウム系列
ねぷつにうむけいれつ
neptunium series

放射性核種の崩壊系列の一つで、ネプツニウム237に始まり、主経路としてα(アルファ)崩壊9回、β(ベータ)崩壊5回を行ってタリウム205に至る系列をいう。系列中の各核種の質量数はnを整数として4n+1となっている。4n(トリウム系列)、4n+2(ウラン・ラジウム系列)、4n+3(アクチニウム系列)となる他の系列は天然に存在するが、ネプツニウム系列は人工放射性核種からなるものである。なお、2003年にビスマス209が事実上無限大ともいえる半減期1.9×1019年でα崩壊してタリウム205となることが知られる前は、ビスマス209がこの系列の最終核種であるとされていた。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ネプツニウム系列の関連キーワードウラン・ラジウム系列ビクトル・マイヤー法放射能

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android