コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネプトゥヌス Neptunus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネプトゥヌス
Neptunus

古代ローマの水の神。ギリシア神話のポセイドンと同一視され,海神とみなされるようになったが,より古くはむしろ地上を流れる水の支配者で,アンフィトリテと同一視されたサラキアとウェニリアの2柱の女神と密接な関係におかれ,前者の表わす急流と,後者の表わすより穏やかな水の流れの両方をもって大地を潤すとみなされていたと思われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ネプトゥヌス

ローマの古い神で,ネプチューンはその英語形。ギリシアのポセイドンと同一視される。固有の伝承はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネプトゥヌス
ねぷとぅぬす
Neptunus

古代ローマの神。英語はネプチュンNeptune。早くからギリシア神話のポセイドンと同一視されていたために、本来の性格が完全に失われてしまい、漠然と海神とされている。7月23日の祭礼「ネプトゥナリア」が古くから行われていることから、この神がローマの最古の神に属していることがわかる。暑い盛りのこの祭日には、「日よけ」umbraeとよばれる小屋が木の枝葉でつくられたが、その祭儀の内容はまったく不明である。ネプトゥヌスがもともと水神であったらしいことから、暑い季節、つまり収穫の直前に水を祈願した祭礼であろう。彼の配偶神としては女神サラキアSalciaが知られている。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のネプトゥヌスの言及

【コンスス】より

…貯蔵された穀物を守るローマの古い神。その祭りに戦車競走が行われたため,馬の神でもあるネプトゥヌスNeptunusと同一視されたほか,コンシリウムconsilium(協議)との類推から,会議の神としてもあがめられた。祭壇は大競技場の地中にあり,それぞれ収穫と秋の播種の終了期にあたる8月21日と12月15日の祭りの日だけ,掘り出された。…

【水神】より

…トロイア人がスカマンドロス川Skamandrosの聖なる力を信仰し,牛や馬を供犠として深みに投じたことや,ガンガー(ガンジス川)が清浄力をもつとされ,古代から現代にいたるまで沐浴する者が後を絶たず,遺骨が投棄されることはよく知られている。水を支配・統御する独立の神(霊)として有名なものにシュメールの水神エンキ(バビロニアではエア),アッカドにおける雨の神としてのアダドまたはハダド,エジプトのナイル川を支配する神のハピHapi,さらに,ギリシアの海洋神ポセイドン,ローマの海神ネプトゥヌス,インドをはじめ日本も含むアジア各地で崇拝されている水神ナーガNāga=竜神などがある。水神のパンテオン(万神殿)における地位と力は民族,社会によって異なるが,ところによっては高い地位と影響力をもつことがある。…

【ポセイドン】より

…また地震,馬の神。ローマ神話のネプトゥヌスNeptunus(英語ではネプチューンNeptune)にあたる。クロノスとレアの子。…

※「ネプトゥヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネプトゥヌスの関連キーワードコンセンテス・デイオリンポス十二神アンマナーティエウァンドロスパエストゥムゴンドラコンスス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android