コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネリガン ネリガン Nelligan, Émile

3件 の用語解説(ネリガンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネリガン
ネリガン
Nelligan, Émile

[生]1879. モントリオール
[没]1941. モントリオール
カナダの詩人。 20歳で発狂し悲劇的な生涯をおくったが,フランス系カナダが生んだ最も才能豊かな詩人の一人。作品には憂愁と死の影が色濃く漂っている。『全詩集』 Poésies complètes (1952) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ネリガン【Émile Nelligan】

1879‐1941
フランス系カナダの詩人。モントリオール生れ。17歳ごろから詩を発表し,当時の前衛的詩人グループ〈モントリオール文学学派〉の活動に加わって一躍注目を浴びるようになった。1900年に発病して入院,以後詩作をほとんど絶ったまま没するまで40年余りを精神病院で過ごした。詩人として活躍したのはわずか3年余り,発表した詩も20編余りしかなかった。しかし,ベルレーヌやボードレールの強い影響を受けたこの天才詩人の出現が刺激となって,ようやくフランス系カナダの詩は,それまでの愛国的・ロマン派的詩風から脱却して,象徴派の時代に入ることができたといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネリガン
ねりがん
Emile Nelligan
(1879―1941)

カナダの詩人。フランス系。19世紀末のフランス詩、ロマンチシズムから象徴派のボードレールやベルレーヌ、ランボー、さらにはデカダン派の詩人たちの影響下に、破滅型の「呪(のろ)われた詩人」の創作と生活とを実践した。『黄金の船』『葡萄酒(ぶどうしゅ)の歌(ロマンス)』『冬の夜』などの作品が知られる。その詩作は死後の1952年になって「全集」の形でまとめて刊行された。[西本晃二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネリガンの関連キーワードガルノークレマジートルドートロントモントリオールモントリオール交響楽団モントリオール岩グランボアブーラサ《フランス系カナダの民謡》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネリガンの関連情報