コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネ・ウィン ネ・ウィン Ne Win

2件 の用語解説(ネ・ウィンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネ・ウィン
ネ・ウィン
Ne Win

[生]1911.5.24. パウンデー
[没]2002.12.5. ヤンゴン
ビルマ (現ミャンマー) の軍人,政治家。 1932年ラングーン (現ヤンゴン) のユニバーシティ・カレッジ卒業後,郵便電信局に勤務。 1930年代後半に民族主義運動に参加。第2次世界大戦の初期,海南島で日本軍の軍事訓練を受け,1941ビルマ独立軍の先遣隊を率いて帰国,イギリス軍と戦ったが,のちビルマ独立の父アウン・サンとともにイギリス軍に協力し抗日ゲリラ活動を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネ・ウィン
ねうぃん
Ne Win
(1911―2002)

ビルマ(現ミャンマー)の軍人政治家。プローム県生まれ。1932年ラングーン大学(現ヤンゴン大学)退学後、タキン党員として反英独立運動に参加。1941年(昭和16)渡日、海南島で軍事訓練を受けるも、1944年アウンサンらとともに抗日運動に転じ、1948年独立ビルマの参謀総長となる。1958~1960年選挙管理内閣を組閣。1962年3月、軍事クーデターウー・ヌ政権を打倒、革命評議会議長として「ビルマ型社会主義」の名のもとに経済機構の国有化、厳正非同盟路線を推進した。1974年革命評議会を解散して民政移管、自ら大統領に就任。1981年サン・ユSan Yu(1918―1996)に大統領職を譲ったが、単一支配政党のビルマ社会主義計画党議長として強大な影響力を保持した。四半世紀余りの鎖国と社会主義体制のもとで進行した経済疲弊と、民主化抑圧に対する国民の不満が台頭しつつあった1988年、すべての公職を辞任、引退した。しかし、ネ・ウィンとともに権力を独占してきた軍部は、その後も強権的支配体制を維持し、民主化を求めるアウンサンスーチーらの野党「国民民主連盟」(NLD=National League for Democracy)を抑圧し続けた。[黒柳米司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネ・ウィンの関連キーワードキャンデーコンパウンドファウンデーションパウダーケーキMozillaファウンデーション第二ファウンデーション/銀河帝国興亡史3ファウンデーション/銀河帝国興亡史1ファウンデーションと地球/銀河帝国興亡史5ファウンデーションの誕生/銀河帝国興亡史7パウンド型

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネ・ウィンの関連情報