コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノカンゾウ(野萱草)(読み)ノカンゾウ(英語表記)Hemerocallis fulva var.longituba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノカンゾウ(野萱草)
ノカンゾウ
Hemerocallis fulva var.longituba

ユリ科の多年草。日本各地の野原や溝辺にみられる。地上部は毎年枯れるが,地下茎は古い葉で包まれて残る。幅1~1.5cm,長さ 50~70cmの細長い葉が2列に束生する。7~9月に,高さ 70cmあまりの花茎を直立し,上部で二叉に分枝し,それぞれ総状に花をつける。6個の花被片は長さ7~8cmmで橙赤色,下部は 3cm前後の花筒となる。普通結実しない。春,若葉をとってゆで,浸し物,あえ物などにして食べる。同属の植物に八重咲きヤブカンゾウ (藪萱草) や,高山植物のニッコウキスゲキスゲなどがよく知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android