コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノカンゾウ(野萱草) ノカンゾウHemerocallis fulva var.longituba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノカンゾウ(野萱草)
ノカンゾウ
Hemerocallis fulva var.longituba

ユリ科の多年草。日本各地の野原や溝辺にみられる。地上部は毎年枯れるが,地下茎は古い葉で包まれて残る。幅1~1.5cm,長さ 50~70cmの細長い葉が2列に束生する。7~9月に,高さ 70cmあまりの花茎を直立し,上部で二叉に分枝し,それぞれ総状に花をつける。6個の花被片は長さ7~8cmmで橙赤色,下部は 3cm前後の花筒となる。普通結実しない。春,若葉をとってゆで,浸し物,あえ物などにして食べる。同属の植物に八重咲きヤブカンゾウ (藪萱草) や,高山植物のニッコウキスゲキスゲなどがよく知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノカンゾウ(野萱草)の関連キーワード高山植物ユリ科

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android