コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノカンゾウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノカンゾウ
のかんぞう / 野萱草
[学]Hemerocallis fulva L. var. longituba (Miq.) Maxim.

ユリ科の多年草。根茎は太くて、肥厚部がある。葉は根生し、2列に並び、線形で長さ50~70センチメートル、幅1センチメートル、基部はやや内折する。花茎は直立し、高さ60センチメートルぐらい。7~8月、茎上部に二分する花穂をつけ、10個ほどの黄赤色の花を次々に開く。花はややユリに似た6弁花で、径約8センチメートル、漏斗(ろうと)形。朝に花を開き、午後にはしぼむ。本州から九州の山地に生える。[河野昭一]
 山菜として食用にもなる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノカンゾウの言及

【キスゲ】より

…葉は線形で2列に互生する。レモン色の花を夜間に開くキスゲの群と,橙黄色から赤色の昼咲きの花をつけるゼンテイカや,ノカンゾウ,ヤブカンゾウなどの群がある。東アジアの温帯域に10種あまりが分布している。…

※「ノカンゾウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノカンゾウの関連情報