コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノゲイトウ(野鶏頭) ノゲイトウCelosia argentea; wild cockscomb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノゲイトウ(野鶏頭)
ノゲイトウ
Celosia argentea; wild cockscomb

ヒユ科の一年草。関東より西の暖地の畑や路傍などに自生し,また観賞用に植えられることもある。茎は直立して高さ 80cmに達し,円柱形で表面に縦の筋がある。7~8月,枝先に長さ5~6cmの紡錘状の太い穂状花序をつくり,淡紅色の小花を密につける。花弁を欠き5枚の小さな萼片がある。花が終るとこの萼片は白色になる。観賞用に植えるケイトウの原種と考えられている。また種子は薬用にする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報