コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノゲイトウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノゲイトウ
のげいとう / 野鶏頭
[学]Celosia argentea L.

ヒユ科の一年草。全草に毛がない。茎は直立し、高さ40~80センチメートル。葉は披針(ひしん)形または狭卵形で長さ3~10センチメートル、幅1~3センチメートル、先端はとがり、基部は沿下して葉柄となる。7~8月、枝先に円柱形の花穂をつけ、両性花を密生する。花被片(かひへん)は5枚、白色で披針形、長さ0.8~1センチメートル、先は鋭くとがる。雄しべは5本、花糸の基部は杯状に合着する。胞果は球形で横裂し、数個の種子がある。
 熱帯に広く分布する雑草で、本州南部から九州の畑や道端に生える。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノゲイトウの言及

【ケイトウ(鶏頭)】より

…切花栽培や花壇,鉢植えのためには施肥を十分に行って花穂を大きくみごとにつくるが,種子がとれにくいので,種とりのためには窒素肥料を少なくして,やせ気味に育てるのがよい。【浅山 英一】 ノゲイトウCelosia argentea L.は栽培のヤリゲイトウに似るが,花穂は淡紅色または白色で,柄が長い。花被はより大きく長さ1cmに達する。…

※「ノゲイトウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android