コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイイロアザラシ Halichoerus grypus; gray seal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイイロアザラシ
Halichoerus grypus; gray seal

食肉目鰭脚亜目アザラシ科ハイイロアザラシ属。雄は体長約 2.3m,体重 170~310kg,雌は体長約 2m,体重 105~186kg。出生体長は 95~105cm,出生体重は 11~20kgである。体毛の色は変異に富む。黒灰色,灰色および黒色の地色に灰色や茶ねずみ色の斑が全身にみられる。雄のほうが雌よりも毛色が濃い。出生仔の毛色は白色で,生後 2~4週間で灰色に変わる。体は太く長い。特に胸部が太く,雄の胸部には 3~4本の大きな皺 (しわ) が入る。鼻口部は太く長く幅があり,吻端から頭頂までは平坦である。前肢は長く,後肢は鰭 (ひれ) 状で,四肢には毛が密生する。尾は短い。門歯は上顎 6本,下顎 4本,犬歯は上顎と下顎に各 2本,頬歯は上顎と下顎に各 10本であるが,ときおり上顎の頬歯が 12本のものもいる。一夫多妻で,繁殖場ではなわばりをつくるが,きわだったなわばり争いはない。出産と交尾は 9月下旬から 3月初旬にかけて行なわれ,繁殖期以外は繁殖場から移動し広く分散して生息する。食性範囲は広く,魚類および無脊椎動物を捕食し,ときおり海鳥を食べる。大西洋における寒帯地方の亜北極海域に分布する。北アメリカ北東部に生息する西大西洋系群,アイスランドフェロー諸島,ノルウェー,イギリスおよびアイルランドに生息する東大西洋系群,バルト海に生息するバルト海系群の 3系群に分かれる。沿岸性。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイイロアザラシ
はいいろあざらし / 灰色海豹
greyseal
[学]Halichoerus grypus

哺乳(ほにゅう)綱鰭脚(ききゃく)目アザラシ科に属する海獣。雄は体長3メートル、体重280キログラムに達し、雌は雄より約15%小さい。毛皮の背側は淡黄褐色に濃灰色の斑(ふ)があり、腹側と顔面は淡い色をしている。生まれて3週間は白い羊毛のようにふさふさした毛をもつ。北大西洋の北部海域の沿岸に広く分布し、現在、約10万頭が生息。年間約2000頭の子が毛皮用に捕獲されている。[西脇昌治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハイイロアザラシの関連キーワード西脇昌治

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハイイロアザラシの関連情報