ハイゼンベルク模型(読み)ハイゼンベルクもけい(英語表記)Heisenberg model

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイゼンベルク模型
ハイゼンベルクもけい
Heisenberg model

W.ハイゼンベルクが量子力学的考察をもとに強磁性出現のメカニズムを説明する磁性理論において提出した模型。電子間クーロン相互作用のなかの交換エネルギー積分に関する部分を,スピンの向きの関数として 2Js1s2 の形にまとめたもの。その大きさは2つのスピン s1s2 が互いにどのような角度を保っているかで決る。 J は係数。おもに絶縁性の磁性体の研究に用いられる。これを簡素化したイジング模型では,スピンの代りに2つの値しかとらないベクトルが使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハイゼンベルクもけい【ハイゼンベルク模型 Heisenberg model】

強磁性とは電子のスピンが整列することであるが,その明快な説明は量子力学成立後ただちにW.K.ハイゼンベルクによって与えられた。対応原理の範囲では電子スピンに働く力に整列に導くメカニズムはない。ところが量子力学では,電子どうしの等価性とパウリの原理によって,電子のエネルギー状態と電子スピン配列の間にかかわりができてしまう。このかかわりを端的に表現したものがハイゼンベルク模型で,磁性体の最低エネルギーならびに低い励起エネルギーを表す模型であり,変数はスピン変数だけである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android