コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイゼンベルク模型 ハイゼンベルクもけい Heisenberg model

2件 の用語解説(ハイゼンベルク模型の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイゼンベルク模型
ハイゼンベルクもけい
Heisenberg model

W.ハイゼンベルク量子力学的考察をもとに強磁性出現のメカニズムを説明する磁性理論において提出した模型。電子間クーロン相互作用のなかの交換エネルギー積分に関する部分を,スピンの向きの関数として 2Js1s2 の形にまとめたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハイゼンベルクもけい【ハイゼンベルク模型 Heisenberg model】

強磁性とは電子のスピンが整列することであるが,その明快な説明は量子力学成立後ただちにW.K.ハイゼンベルクによって与えられた。対応原理の範囲では電子スピンに働く力に整列に導くメカニズムはない。ところが量子力学では,電子どうしの等価性とパウリの原理によって,電子のエネルギー状態と電子スピン配列の間にかかわりができてしまう。このかかわりを端的に表現したものがハイゼンベルク模型で,磁性体の最低エネルギーならびに低い励起エネルギーを表す模型であり,変数はスピン変数だけである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハイゼンベルク模型の関連キーワード磁性体交換相互作用スピンネール状態アインシュタイン‐ド=ハース効果ストーナー励起ズール‐中村相互作用ネール温度ハイゼンベルクの強磁性の理論パウリの常磁性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone