コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆山

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

伊豆山

伊豆山神社を中心にした熱海駅の北側に広がる歴史豊かな門前町。広さは熱海市域の2割弱。北条政子が親の決めた縁談を嫌って伊豆山に逃れ、源頼朝と劇的な対面をしたことで知られる。頼朝がお参りを始め、鎌倉幕府の歴代将軍によって続けられた「二所詣」の行事も有名だ。天正18(1590)年3月末、豊臣秀吉の小田原攻めで、一山残らず焼かれたが、徳川家康が再建復興につとめた。

(2006-05-17 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内の伊豆山の言及

【熱海[市]】より

…人口4万5610(1995)。市域の主要な集落は,熱海,伊豆山,泉(伊豆湯ヶ原),多賀,網代などからなり,網代は近世には伊豆の産物の積出港として,また大坂から江戸への廻船の重要な港として栄えた。東は相模灘に面し,北から南にかけては,かつての多賀(熱海)火山の火口壁をなす山々に囲まれ,現在の市街地はかつての火口付近と考えられる所に位置している。…

※「伊豆山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊豆山の関連キーワード熱海市立伊豆山郷土資料館静岡県熱海市伊豆山伊豆山[温泉]イズセンリョウ静岡県熱海市修善寺[町]岡田 三郎助熱海(市)熱海[市]伊豆山温泉良暹(2)二所の権現伊豆山神社三嶋大社遠羅天釜箱根神社一柳直末松井石根権現信仰伊豆権現

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊豆山の関連情報