コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆山

1件 の用語解説(伊豆山の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

伊豆山

伊豆山神社を中心にした熱海駅の北側に広がる歴史豊かな門前町。広さは熱海市域の2割弱。北条政子が親の決めた縁談を嫌って伊豆山に逃れ、源頼朝と劇的な対面をしたことで知られる。頼朝がお参りを始め、鎌倉幕府の歴代将軍によって続けられた「二所詣」の行事も有名だ。天正18(1590)年3月末、豊臣秀吉小田原攻めで、一山残らず焼かれたが、徳川家康が再建復興につとめた。

(2006-05-17 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊豆山の言及

【熱海[市]】より

…人口4万5610(1995)。市域の主要な集落は,熱海,伊豆山,泉(伊豆湯ヶ原),多賀,網代などからなり,網代は近世には伊豆の産物の積出港として,また大坂から江戸への廻船の重要な港として栄えた。東は相模灘に面し,北から南にかけては,かつての多賀(熱海)火山の火口壁をなす山々に囲まれ,現在の市街地はかつての火口付近と考えられる所に位置している。…

※「伊豆山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊豆山の関連キーワード伊豆山神社月山神社出羽神社白山神社二所の権現法音伊豆高原竈山神社北側萩原正平

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊豆山の関連情報