ハイデルベルク人(読み)はいでるべるくじん(英語表記)Heidelberg man

翻訳|Heidelberg man

日本大百科全書(ニッポニカ)「ハイデルベルク人」の解説

ハイデルベルク人
はいでるべるくじん
Heidelberg man

ヨーロッパ出土の化石人類。1907年、ドイツのハイデルベルク市の近郊の小村マウエルから1個の完全な下顎(かがく)が石切り工によって発掘された。ただちに地主を通じてハイデルベルク大学の地質学教授シェッテンザックに引き渡された。伴出する哺乳(ほにゅう)類化石から更新世(洪積世)中期でミンデル氷期の亜間氷期らしいとみなされたが、文化遺物は伴わなかった。非常に大型で頑丈であり、新人にみられるような顎先の前突すなわち頤(おとがい)はなく、下顎枝は幅広く、下顎切痕(せっこん)は浅いという原始的特徴をもっていたが、ネアンデルタール人とそれほど違わなかった。永年、比較できる資料が発見されなかったため、所属不明とみられていたが、今日では同類のものがかなり発見されており、ヨーロッパにおける原人とみなされている。マウエルの下顎骨ともよばれる。

[香原志勢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ハイデルベルク人」の解説

ハイデルベルク人
ハイデルベルクじん
Heidelberg man

1907年にドイツ,ハイデルベルク南東のマウエルの砂掘り穴から化石が見つかった原人。学名ホモ・エレクトゥス・ハイデルベルゲンシス Homo erectus heidelbergensisという。約 50万年前の中期更新世のものと考えられる。 16本の歯をそなえた下顎骨で,完全に保存されていたが,4本の歯冠はこわれ,2本は 45年に紛失した。下顎枝は発達し,幅が広く,骨体も厚く大きいが,歯は現在の人類と比較してあまり大きくない。アジアのシナントロプスとほぼ同時代の,ヨーロッパの原人を代表する化石の一つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「ハイデルベルク人」の解説

ハイデルベルク人
ハイデルベルクじん
Homo Heidelbergensis

原人の一種
1907年,ドイツのハイデルベルク近郊のマウエルで発見された化石人骨。発見部分は下顎 (かがく) 骨と歯で,ジャワ原人(ピテカントロプス−エレクトゥス)や北京原人(シナントロプス−ペキネンシス)と同じ発達段階にあると考えられた。しかし,その後の研究で,むしろ旧人のネアンデルタール人に近似しているとのが有力になった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

百科事典マイペディア「ハイデルベルク人」の解説

ハイデルベルク人【ハイデルベルクじん】

化石人類の一つ。1907年にハイデルベルクHeidlberg近郊のマウアーの砂利採取場で発見された下顎骨による命名。出土層は中期洪積世に属し,大きく頑丈な原人型の下顎骨だが,歯の形はむしろネアンデルタール人に似ている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ハイデルベルク人」の解説

ハイデルベルク‐じん【ハイデルベルク人】

〘名〙 一九〇七年、ドイツのハイデルベルク市近郊のマウェルで、下顎の化石骨が発見された第二間氷期の人類。頑丈な原始型の下顎で、歯は人類の特徴をもつ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ハイデルベルク人」の解説

ハイデルベルクじん【ハイデルベルク人 Heidelberg man】

化石人類の一つ。ドイツのハイデルベルク市の南東約10kmのマウエルに近い砂利採掘場で,1907年に人類の下顎骨の化石が発見され,翌年シェーテンザックO.Schoetensackが,ホモ・ハイデルベルゲンシスH.heidelbergensisと命名して発表した。伴出した獣骨化石は洪積世中期の動物相に属するが,氷期との対比に関しては第1間氷期とする説とミンデル氷期とする説がある。下顎骨は全体として大きく,現代人のようなおとがいの隆起がなく,下顎枝が直立し,しかも著しく幅広い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android