コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイフォン ハイフォン Hai Phong

4件 の用語解説(ハイフォンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイフォン
ハイフォン
Hai Phong

ベトナム北東部の都市。ホーチミン市,首都ハノイに次ぐ同国第3の大都市。ハノイの東南東約 100km,ホン川 (紅河) デルタの北東部に位置し,東はバクボ (トンキン) 湾に面する。行政的にはハノイ,ホーチミン市とともに,省に属さない中央直轄市となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハイフォン

ベトナム北東部,トンキン湾に臨む同国最大の港湾都市工業都市。漢字では海防。ハノイから鉄道で約100km,造船,紡績,ガラスセメントなどの工業が行われる。1874年フランス領有以後ハノイの外港として急速に発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハイフォン【Haiphong】

ベトナム北部,トンキン・デルタ北東部の港市。人口78万3000(1992)。ハノイの外港としてベトナム北部最大の港であり,タイビン川の分流と,キュアカムおよびタムバック川の合流点に位置し,河口から25km上流にある。トンキン・デルタは一般に低平で,古代にはハノイの外港は現在のハイフォンより北方にあったらしい。しかしタイビン川の形成するデルタは,ソンコイ川本流のそれよりも土砂の堆積が少なく,かつ一部に地盤の沈下も認められることから,19世紀後半にハノイの外港の位置として選ばれたと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイフォン
はいふぉん
Haiphong

ベトナム北部の港湾都市。人口は58万1600(2003推計)で、ホー・チ・ミン、ハノイに次ぎ同国第3位。首都ハノイの東南東90キロメートル、タイビン川の分流とキュアカム川、タムバック川の合流点に位置し、河口より25キロメートル上流のトンキン・デルタ北東部に展開する。1世紀ほど前には小さな村にすぎなかったが、フランス領時代から急速に発展し、トンキン、ラオスの門戸として重要な都市となった。市域はホンバン、ゴーケン、レカン、キエンアンの4区と郊外の8区、それに一つの町域からなる。工業はデンハイ、ハロン地区のセメントや機械、バクダン地区の造船、ガラス、魚の缶詰などがおもなものである。港内は干潮時でも7メートルの水深があり、4000トン級の船が接岸できるが、満潮時には1万トン級の船も接岸可能である。鉄道はハノイやラオカイに通じる(てんえつ)線の終点で、自動車道はハノイ、ホンゲイなどと結ぶ。ベトナム戦争ではアメリカ空軍の猛爆を受けた。[菊池一雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイフォンの関連キーワードタイグエンタインホアトンキントンキン湾事件ナムディンハノイホン川ホンゲイソンコイ[川]ナムティエン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイフォンの関連情報