コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイブリッド材料 ハイブリッドざいりょう hybrid material

2件 の用語解説(ハイブリッド材料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイブリッド材料
ハイブリッドざいりょう
hybrid material

理研の山田嘆博士の提案した概念。異なる物質を,人為的に,原子や分子の大きさのレベルで組成を制御しながら組合せて物質系を構築して,元の物質とは異質の新しい性質と働きを与えた材料。導電性高分子に微量の不純物を添加することで,電気伝導度を何桁も向上させたものなどがその例であり,繊維強化プラスチックのように,異なる物質を巨視的レベルで組合せ,元の物質の特性を継承している複合材料とは別物。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハイブリッド材料【ハイブリッドざいりょう】

異なる物質を,分子・原子レベルで混合して作った材料。繊維強化プラスチックなどのように,光学顕微鏡レベルで素材を組み合わせ複合材料と区別してこう呼ぶ。たとえば,大面積化は容易だが短波長化の困難な有機半導体と,短波長化が可能で大面積化には不向き無機半導体を組み合わせた,有機−無機ハイブリッドIC半導体)は,両方の長所を兼ね備えた性質を持つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ハイブリッド材料の関連キーワード理研四部の博士等値概念反対概念株主提案富士の山暫定的評点パターン単核食細胞系ヴァイマルンの式ワイマルンの式

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone