ハイベア(英語表記)Heiberg, Johan Ludvig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイベア
Heiberg, Johan Ludvig

[生]1791.12.14. コペンハーゲン
[没]1860.8.25. ボンデルプ
デンマークの劇作家,評論家,詩人。ヘーゲルの崇拝者としての著作もあるが,教壇を去って劇界に投じ,名女優として知られた夫人とともに演劇界に君臨,フランスのボードビルを紹介,劇壇に新風を吹込み,また文芸紙を主宰して思想界でも指導的役割を演じ,アンデルセンキルケゴール,イプセンらに影響を与えた。代表作『妖精の丘』 Elverhøj (1828) ,『死後の魂』 En Sjæl efter Døden (41) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハイベア【Johan Ludvig Heiberg】

1791‐1860
デンマークの作家。19世紀前半の文学・演劇界の中心人物。古典語のほか,動・植物学,昆虫学,数学,天文学を修めた学者で,フランス遊学より持ち帰ったボードビル劇を手本に同種の作品を執筆,王立劇場で上演し,同劇場の支配人をも務めた(1849‐56)有力者であった。音楽とバレエ演劇を総合した彼の作品《妖精の丘》(1828初演)は国家祝賀のおりに上演される華やかで美しい作品で,今日なお全国民に愛されている。【岡田 令子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイベア
はいべあ
Johan Ludvig Heiberg
(1791―1860)

デンマークの批評家、劇作家。初めヘーゲル哲学者として名をなすが、劇評家、王立劇場舞台監督となる。一世の名女優を妻とし、また有力新聞主筆として19世紀中期の文壇に君臨。アンデルセン、キルケゴール、イプセンらは彼の指導を受けている。ロマン派の感傷を嫌い理知的作風を愛し、おもにボードビル(風刺的軽喜劇)を書く。代表作は『妖精(ようせい)の丘』(1828)、『死後の魂』(1841)など。[山室 静]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android