コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハキリバチ(葉切蜂) ハキリバチ

1件 の用語解説(ハキリバチ(葉切蜂)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハキリバチ【ハキリバチ(葉切蜂)】

膜翅目ハナバチ上科ハキリバチ科Megachilidaeの昆虫の総称。体長5~30mm。母バチは花からもち帰った花粉と花みつをこね合わせてだんごをつくり,房室に蓄え,その上に産卵する。孵化(ふか)した幼虫は,貯蔵された花粉だんごを食べて成長する。巣は竹筒や,樹木の空洞,ちょっとした自然物の隙間などを利用して設けられることが多いが,ときには,土中に坑道を掘って巣をつくる種類もいる。 多くの種は,切りとってきた草や木の葉片を重ね合わせてコップ状の房室をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハキリバチ(葉切蜂)の関連キーワード穴蜂小蜂癭蜂葉切蜂花蜂葉蜂鼈甲蜂丸花蜂飴蜂姫花蜂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone