コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハクサンコザクラ(白山小桜) ハクサンコザクラPrimula cuneifolia var. hakusanensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハクサンコザクラ(白山小桜)
ハクサンコザクラ
Primula cuneifolia var. hakusanensis

サクラソウ科の小さな多年草。ナンキンコザクラともいう。本州中・北部の高山の雪田付近など湿地に生じる。葉は数枚ロゼット状に生じ,長さ3~8cmの倒卵形で脚部は幅がせばまり,葉縁には多少重複した鋸歯をもつ。葉の裏は淡色で光沢がある。夏に,株の中心から約 10cmの茎を伸ばし,頂に数個の紅紫色の美花をつける。花や果実はサクラソウに似ている。なお,本種の母種エゾコザクラ P. cuneifoliaは東北アジアの亜寒帯に広く分布し,北海道や千島の高山帯にもみられる。ハクサンコザクラに比べて全体に小型である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハクサンコザクラ(白山小桜)の関連キーワードサクラソウ(桜草)サクラソウ科

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android