ハクサンチドリ

百科事典マイペディアの解説

ハクサンチドリ

北海道,本州中部以北の高山の湿性草原にはえるラン科の多年草。東北アジアにも分布。茎は高さ10〜40cm,3〜6枚の披針形の葉をつける。初夏,茎頂に紅紫色で,径約1.5cmの花を数個穂状に開く。花被片は広披針形で長さ約1.2cm,先はとがり,唇(しん)弁は3裂し,後方に筒形の距(きょ)がある。
→関連項目高山植物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハクサンチドリ【Dactylorhiza aristata (Fisch.) Soó(=Orchis aristata Fisch.)】

高山帯から亜高山帯の湿性のお花畑に多くみられる紅紫色の地生ラン。ハクサンの名は石川県白山にちなむ。先端掌状に分裂した塊根がある。花茎は高さ10~40cmで,葉を3~6枚つける。葉は倒披針形で長さ7~15cm,上部の葉は小さくなる。6~8月,紅紫色の花を密に十数花つける。花は径1cm強。萼片は開出し,唇弁は暗紅紫色の斑紋があり,3裂して先端はとがる。約15mmのやや太い距がある。本州中部以北の高山帯,北海道の道東や道北では平地の湿原や草原に生育し,さらにアラスカから日本までの太平洋側,アラスカから朝鮮の日本海側までの東アジアに分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハクサンチドリ
はくさんちどり / 白山千鳥
[学]Orchis aristata Fisch.

ラン科の多年草。塊根は肥厚し、先端が掌状に分裂する。花茎は高さ20~30センチメートル、下部に葉を数枚互生する。6~8月、茎頂に径約1センチメートルの紅紫色花を十数個開く。唇弁は約1センチメートルで斑紋(はんもん)が目だち、先端は3裂する。距(きょ)は長さ約1.5センチメートル、やや太い。高山のやや湿った草原に生え、中部地方以北の本州、北海道、および中国東部、アラスカの太平洋沿いに分布する。
 広義のハクサンチドリ属は、花粉塊の下にある粘着体が小胞とよばれる袋に包まれることで特徴づけられる。北半球に約100種あり、日本にはほかに、オノエラン、ニョホウチドリ、ウチョウランなどが分布する。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハクサンチドリの言及

【オルキス】より

…花は穂状あるいは総状の花序に多数つき,多くはピンク~紅色で美しく,欧米では観賞用に栽植されるが,肥えた土で水はけのよい条件が必要で,日本では露地ではうまく育たない。広義のオルキス属は日本のハクサンチドリウチョウランなども含み,後者やヒナチドリは花形や花色に変異が多く,山草愛好家に栽培されるが,乱採されるため多くの生育地が破壊された。 オルキス属は地中に球状に肥大した根をもち,春その根から発芽し,茎を地上に直立させ,線状の葉を出す。…

※「ハクサンチドリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android