コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハクセン Dictamnus dasycarpus Turcz.(=D.albus L.ssp.dasycarpus (Turcz.) Kitagawa)

世界大百科事典 第2版の解説

ハクセン【Dictamnus dasycarpus Turcz.(=D.albus L.ssp.dasycarpus (Turcz.) Kitagawa)】

日本では薬用や観賞用に栽培されるミカン科多年草で,高さ1mに達する(イラスト)。全体に強烈な香気がある。基部木質化し,根は肉質で淡黄白色。茎の幼部は白色の長毛でおおわれている。葉は互生し,奇数羽状複葉で長さ約30cm。紙質小葉は9~13枚,卵状披針形ないし卵形で長さ3~9cm,先端は細長くとがり,基部はくさび形,ふちに鋸歯があり,裏面は脈に沿って毛がある。夏,枝の先端に長さ20cmぐらいの総状花序を出し,大きい花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハクセン
はくせん / 白鮮
[学]Dictamnus albus L. subsp. dasycarpus Kitag.

ミカン科の多年草。基部は木化し、全草に芳香がある。茎は単一、葉は互生し、奇数羽状複葉、小葉は7~11枚、長卵形で長さ3~10センチメートル、細かい鋸歯(きょし)と透明な腺点(せんてん)がある。夏、茎頂の総状花序に径3~4センチメートルの白または淡紅色の花を開く。萼片(がくへん)5、花弁5は長楕円(ちょうだえん)形でとがり、雄しべ10本は長く、湾曲する。(さくか)は5室で、各室の表面には腺状突起が密にあり、星状に裂開する。朝鮮半島、中国北部、シベリア東部原産で、日本でもまれに栽培される。[小林純子]

薬用

全草に油腺があり、強い香気を有する。根茎を採集乾燥したものを「白鮮」といい、有毒のアルカロイド、サポニン、精油などを含み、漢方では黄疸(おうだん)、皮膚疾患に用い、鎮痛、解毒、解熱の効もあるという。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハクセンの関連キーワード重富干潟海域公園地区ハクセンナズナアルカロイド比都之久佐シオマネキ皮膚生菌

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android