コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチクイモドキ ハチクイモドキ Momotus momota; Amazonian motmot

3件 の用語解説(ハチクイモドキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハチクイモドキ
ハチクイモドキ
Momotus momota; Amazonian motmot

ブッポウソウ目ハチクイモドキ科。全長 38~48cm。頭頂は中央が黒く周囲を明るい青色が囲むが,中央も青色の亜種がいる。背は緑色で,尾羽の先に向かってしだいに緑色になる。下面は赤褐色か緑色で,これも亜種によって変化する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハチクイモドキ【motmot】

ブッポウソウ目ハチクイモドキ科Momotidaeの鳥の総称。この科は6属8種からなり,旧世界に分布しているハチクイ科に相当する新世界グループで,メキシコからアルゼンチン北部まで分布する。形態もハチクイ科に似たところが多い。全長15~50cm。大部分の種は黄色,褐色,青色,緑色,紫色などの色をとりまぜた鮮やかな色彩である。尾は一般に長く,とくに中央の2枚の尾羽が長く,先端部がラケット状の飾羽となっているものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハチクイモドキ
はちくいもどき / 蜂喰擬
motmot

広義には鳥綱ブッポウソウ目ハチクイモドキ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Momotidaeの仲間は6属8種があり、中央・南アメリカの熱帯森林にすむ。全長17~50センチメートル、体は緑色、緑褐色、赤褐色などで美しく、嘴(くちばし)は太くてすこし下に曲がり、縁にはぎざぎざがある。第3、第4の足指が癒着している。中央尾羽は長く伸び、先端はラケット状になっている。餌(えさ)は昆虫、小形のトカゲ、果実などである。
 種のハチクイモドキMomotus momotaはメキシコからアルゼンチンにかけて熱帯の森林にすみ、全長約40センチメートル、頭部はコバルトと黒、襟と下面は黄褐色、背は緑で尾は青色である。土手や崖(がけ)に横穴を掘って巣とする。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハチクイモドキの関連キーワード仏法僧鼈擬鳳来寺山のブッポウソウオオブッポウソウ(大仏法僧)クイナモドキ(秧鶏擬)ハチクイ(蜂喰)ブッポウソウ(仏法僧)姿のブッポウソウブッポウソウ科ブッポウソウ目

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone