ハチャトゥリアン(読み)Khachaturyan, Aram Il'ich

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハチャトゥリアン
はちゃとぅりあん
Арам Ильич Хачатурян Aram Il'ich Hachaturyan
(1903―1978)

ソ連の作曲家。ジョージア(グルジア)の首都チフリス(現、トビリシ)生まれのアルメニア人。製本工の家に生まれ、1921年モスクワに行き、翌1922年モスクワ大学植物科、さらにグネーシン音楽アカデミーに入学、まずチェロを学び、1925年から同アカデミーの作曲クラスに入る。1929年からモスクワ音楽院でミャスコフスキーに作曲を学び、卒業資格を得たのちも1937年まで修士課程に学ぶという晩学の徒であった。その間、アルメニアの民族色の濃いピアノ協奏曲を作曲(1936)、続くバイオリン協奏曲(1940)で名声を確立した。第二次世界大戦中にアルメニアに題材をとったバレエ『ガイーヌ(ガヤネー)』(1942)は大成功を博した。1937年からソビエト作曲家連盟の中心的存在として活躍していたが、1948年にスターリン政策下のジダーノフ批判では、彼の作風が外面的・形式的であるとしてショスタコビチ、プロコフィエフとともに非難を浴びた。その後は自作の改良に努めるとともに、論文「創造の大胆さとインスピレーションについて」(1953)によってスターリン時代の音楽の欠点を指摘した。作風には、故郷アルメニアの民族色とソ連の古典的伝統の融合、音楽語法の活力、管弦楽法の色彩感があげられる。作品は、三つの交響曲(1935、1943、1947)、バレエ『スパルタクス』(1952~1954)ほか多数。[船山信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ハチャトゥリアン

(Aram Il'ič Hačaturjan アラム=イリイチ━) ソ連の作曲家。アルメニア出身。モスクワ音楽院卒。アルメニア、カフカスなどの民族音楽を素材に、リズム感あふれる作品を書く。代表作はバレエ音楽「ガイーヌ(ガヤネー)」「スパルタクス」など。(一九〇三‐七八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハチャトゥリアンの関連情報