コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハックルベリー・フィンの冒険 ハックルベリー・フィンのぼうけんThe Adventures of Huckleberry Finn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハックルベリー・フィンの冒険
ハックルベリー・フィンのぼうけん
The Adventures of Huckleberry Finn

アメリカの小説家マーク・トウェーンの小説。 1884年刊。『トム・ソーヤーの冒険』の続編で,「文明化」されることを嫌う少年ハックが逃亡奴隷のジムとともにミシシッピ川を筏 (いかだ) で下る間に遭遇するさまざまな冒険を,方言を交えた巧みな口語体で語ったもの。「ミシシッピ川の国民的叙事詩」と呼ばれ,アメリカ人の内なる夢にいきいきとした表現を与えただけでなく,その清新な文体はヘミングウェー,J.D.サリンジャーらに多大の影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハックルベリー・フィンの冒険の関連キーワードハックルベリ・フィンの冒険ハックルベリィの冒険マーク・トウェーンビッグ・リバーピカレスク小説アメリカ文学シウェルツ悪漢小説悪者小説