コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッチンソン Hutchinson, Ann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハッチンソン
Hutchinson, Ann

[生]1918. ニューヨーク
アメリカの舞踊家。特に舞踊譜の権威者として知られている。 K.ヨースに学び,ミュージカルなどに出演したのち,イギリスのヨース・リーダー舞踊学校で R.ラバンの記譜法を学ぶ。帰国後ニューヨークに舞踊譜協会を開設,1940~61年同協会会長としてラバノテーションの普及に努め,またジュリアード音楽院などで教鞭をとった。夫はイギリス人バレエ史家 I.ゲストで,62年以後ロンドンに定住。ヨースの『緑のテーブル』『大都市』,G.バランシンの『水晶宮』『オルフェウス』『ブーレ・ファンタスク』などを記録している。

ハッチンソン
Hutchinson, John

[生]1674. ヨークシャー,スペンニソーン
[没]1737.8.28. ロンドン
ヘブライ語と聖書の解釈に関して特異な理論を提示したイギリスの著述家。主著は,ニュートンの『プリンキピア』に対抗して書かれた『モーセの原理』 Mose's Principia (1724~27) で,ヘブライ語神授説と,ヘブライ語を知らずに聖書を解釈する愚を説いた。

ハッチンソン
Hutchinson, Sir Jonathan

[生]1828.7.23. ヨークシャー,セルビー
[没]1913.6.26. サリー,ヘーズルミア
イギリスの外科医,病理学者。先天梅毒研究の先駆者。ロンドンのセントバーソロミュー病院で学び,1859~83年ロンドン病院の外科医,79~83年ロンドン王立外科医師会教授となり,89年同会長。眼科および皮膚科疾患,特にハンセン病 (らい) の権威で,61年に先天梅毒のハッチンソン3主徴 Hutchinson's triad (歯型,角膜実質炎,内耳性難聴) を発表。ハッチンソン=ベック病 (良性リンパ肉芽腫) も研究した。

ハッチンソン
Hutchinson, Thomas

[生]1711.9.9. ボストン
[没]1780.6.3. ロンドン
アメリカ植民地時代の商人,政治家。マサチューセッツ湾植民地勅任総督。 1737~49年マサチューセッツ湾植民地議会議員,49~66年同参事会員,60~69年同最高裁判所長官,58~71年副総督,71~74年総督。イギリス本国政府の対植民地政策に不満であったが,本国政府の代表として行動し,植民地人の反感を買った。 65年の印紙税法一揆の際には法制定の黒幕とみなされたため,群衆に自宅を襲撃され,義兄弟の印紙販売官 A.オリバー宅襲撃事件とあわせて「ハッチンソン一揆」と呼ばれる。ボストン茶会事件後にマサチューセッツには軍政がしかれ,ハッチンソンは T.ゲージ将軍と総督を交代してロンドンに向った。ロンドンでは国王の対アメリカ政策遂行上の助言者となり,革命派に反対する宣伝活動を行なった。 79年ボストンおよびミルトンヒルにあったハッチンソンの時価 10万ポンドに上る財産は革命派に没収され,翌年ロンドンで客死した。

ハッチンソン
Hutchinson

アメリカ合衆国,カンザス州中南部にある都市。ウィチタの北約 64km,アーカンソー川河畔に位置する。 1872年に入植開始,サンタフェ鉄道の開通により発展。 87年には世界有数の岩塩層が発見され,現在も岩塩の採掘,加工,搬出が主要産業となっているほか,近郊に油田を控え,石油採掘,石油化学工業も行われる。コムギ取引の中心地。人口3万 9308 (1990) 。

ハッチンソン
Hutchinson, George Evelyn

[生]1903.1.30. ケンブリッジ
[没]1991.5.17. ロンドン
イギリス生れのアメリカの動物学者。ケンブリッジ大学卒業後,南アフリカのウィットウォーターズ大学を経て,1928年アメリカのエール大学に移り,同大学教授 (1965) 。 41年にアメリカ市民権を取得した。南アフリカ,チベット,北アメリカ湖沼の生態系の研究で知られ,53年,湖沼の堆積物も含めた古陸水学を提唱した。生態学全体を進歩させた功績で 86年京都賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハッチンソン【Anne Hutchinson】

1591‐1643
北アメリカ,マサチューセッツ湾植民地で活動した女性宗教家。イギリスのリンカンシャーに牧師の子として生まれる。商人と結婚し,1634年夫と渡米,ボストンの教会員になるが,自宅で集会を開き神の個人的恩恵を強調する教えを説き,信奉者を集めた。教会と政府の律法を否定する〈道徳不要論者antinomian〉として糾弾されたが自説を曲げず,追放と破門になる。ロード・アイランドに逃れ(1638),のちインディアンに殺された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ハッチンソン

生年月日:1620年1月29日
イギリスの女流作家
1680年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ハッチンソンの関連キーワードトーマス(E. Donnall Thomas)バック(Linda B. Buck)オーティス(James Otis)ロバート・H. マッカーサーリーランド ハートウェルキャスリーン フェリアニッチ(生態的地位)ハッチンソン三徴候プロジェリア症候群ボストン虐殺事件マウントバーノンティム ハントウィンスロップポール ナースアメリカ合衆国ハッチンソン歯リンダ バックホイールライトハートウェル先天性梅毒

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android