コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハツタケ(初茸) ハツタケLactarius hatsudake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハツタケ(初茸)
ハツタケ
Lactarius hatsudake

担子菌類マツタケ目ベニタケ科。秋に,アカマツ林地に群生する。傘は4~17cmで,初め丸山形であるが,次第に中央がくぼみ,杯状になる。表面は粘性があり,淡赤褐色または褐色で濃色の環紋がある。傷つけると著しく藍色に変色する。ひだは傘と同色,柄は径1~2cm,高さ2~5cmで中空。胞子紋は帯黄色。食べられる。日本全土に産し,台湾にも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハツタケ(初茸)の関連キーワード辻堂

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android