ハドソン[川](読み)ハドソン

百科事典マイペディアの解説

ハドソン[川]【ハドソン】

米国,ニューヨーク州北東部の川。アディロンダック山地に発し,南流して大西洋に注ぐ。河口東岸にニューヨーク市がある。1609年英国人H.ハドソンが探検。1825年エリー運河の開通で内陸水路としての重要性を増し,ニューヨーク市発展の基礎となった。全長507km。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハドソン[川]【Hudson River】

アメリカ合衆国北東部,ニューヨーク州東部の川。長さ約500km。アディロンダック山地に発し,南流して大西洋のニューヨーク湾に注ぐ。1609年イギリス人H.ハドソンが探検して以来,大西洋から内陸部に向かう重要な交通路となった。1825年中流部オルバニーから西へエリー運河が完成し五大湖地方と結ばれ,重要性を増した。河口部にある港湾都市ニューヨークは,海上輸送と河川輸送の結節点として発展した。【正井 泰夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android