コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナバエ Anthomyiidae; anthomyiid fly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナバエ
Anthomyiidae; anthomyiid fly

双翅目ハナバエ科に属する昆虫の総称。小型ないし中型のハエで体は比較的細く,剛毛があり,体色は多くは黒色,灰色または暗黄褐色である。イエバエに似るが,翅の中脈がほとんど湾曲せず,小楯板 (しょうじゅんばん) 下方に微毛が生える。活発なハエで動物の死体に集るものが多い。幼虫は蛆形で植物質を食べ,葉穿孔性のものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナバエ
はなばえ / 花蠅
anthomyiid flies

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目ハエ群のハナバエ科Anthomyiidaeの総称。この科は小形から中形、体の地色は主として黒色で、灰褐色ないし黄褐色の微粉を装うものが多い。体はやや細形で、動作は活発である。はねは透明で、斑紋(はんもん)は不明瞭(ふめいりょう)で、中脈は単純で屈曲しない。幼虫は腐食性のものが多いが、潜葉性のものもある。
 代表種のヒメイエバエFannia canicularisは、体長5~6ミリメートル、翅長4.5ミリメートル。体は黒っぽいが、雄の腹部第2~第3節には黄褐色の斑紋がある。人家の内外に多い。幼虫は扁平(へんぺい)なウジで、体長は7ミリメートルに達し、褐色で、背面には多くの棘(きょく)状の突起がある。水分の少ない腐敗物のほか、漬物の糠(ぬか)にも発生する。アカザモグリハナバエspinach leafminer/Pegomyia hyoscyamiは、体長5.5~6ミリメートル、翅長6~6.5ミリメートル。体は灰黄褐色粉で覆われ、胸部背面には不明瞭ながら雄では3本の、雌では1本の暗褐色縦条が認められる。腹部背線は暗色で太い。幼虫はアカザ、ホウレンソウの葉潜りで、数頭で大きな共同の孔道をつくる。[伊藤修四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハナバエの関連キーワードハナバエ(花蠅)フンバエ(糞蠅)ヒメイエバエハモグリムシヒメクロバエタマネギバエ淡黄腹花蠅毛深黒花蠅灰色大花蠅深山棘花蠅黒鬚長針蠅黄色棘花蠅羊蹄潜花蠅笹黒棘花蠅瘤脚姫家蠅二条円花蠅深山丸花蠅四星細花蠅黄脚円花蠅翅斑扁花蠅

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android