コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハネカクシ ハネカクシStaphylinidae; rove beetle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハネカクシ
Staphylinidae; rove beetle

鞘翅目ハネカクシ科の昆虫の総称。微小ないし中型の細長い甲虫で,普通上翅は短く,先端が切断状になっていて長い腹部大部分が露出するが,なかには腹端まで達するものもある。触角糸状で原則として 11節から成り,明瞭な球稈を欠く。腹部の背板は3節以下は完全に硬化している。シデムシ近縁で,全世界から2万 5000種以上が知られる。地上にすむものが多いが,朽ち木内やキノコ,植物上にすむもの,アリやシロアリの巣に共生するものなどもある。多くは肉食性であるが,腐敗動植物質を食べるものや植食性のものも少くない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハネカクシ

ハネカクシ科に属する甲虫の総称。大部分の種は前翅が著しく短く,後翅はその下に細かくたたんで収められるので,腹部の大部分は露出し,一見ハサミムシに似る。体長は2〜30mmで2万種以上あり,昆虫の中の最大の科の一つである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハネカクシ
はねかくし / 隠翅虫
rove beetle

昆虫綱甲虫目ハネカクシ科Staphylinidaeの昆虫の総称。世界各地に分布しており、もっとも大きな科の一つで、現在までに知られた種類はおよそ3万といわれ、日本からも1000種近くが記録されている。類縁としてはシデムシ類に近い。体長0.5~30ミリメートル。ほとんどは体が細長く、上ばねは短小で先端が切断状、後ろばねはその下に畳み込まれ、腹部背面は大半露出し硬化している。しかし、ヨツメハネカクシ類Omaliinaeなどでは上ばねが長く、完全に腹部を覆うクロモンシデムシモドキTrigonodemus lebioidesのような種もある。また、微小種には幅広い卵形か菱(ひし)形のマルケシハネカクシ属Oligotaなどもある。脚(あし)は比較的短いが行動は比較的すばやい。夜行性の種類が多いが、生活はいろいろで、昼間花にくるハイイロハネカクシEucibdelus japonicusなどもあり、肉食のことが多いが、草食や腐敗食のものもある。ごみや落ち葉の中、石の下、枯れ木の皮下、動物の巣などにすむもの、キノコ・動物の死体や糞(ふん)に集まるものなど多くの種類があり、海岸にも海藻の堆積(たいせき)の下にいるもの、砂に孔(あな)を掘ってすみ、塩田に被害を与えるカワベハネカクシ属Bledius、満潮には海につかる石の下にすむ種類などがいる。アリやシロアリと共生するものには、奇妙な形のものや、ハケゲアリノスハネカクシ属Lomechusaのように蜜腺(みつせん)を伴う毛束があり、それをアリになめさせるものなどもある。夜、灯火にくるものにはセスジハネカクシ属Oxytelus、コガシラハネカクシ属Philonthus、体液が人体にみみずばれをつくるアオバアリガタハネカクシPaederus fuscipesなどがある。
 ハネカクシ科は、多くの亜科や族に分けられているが、日本にいるおもな類は、セスジチビハネカクシ、ヒラタハネカクシ、セスジハネカクシ、ヨツメハネカクシ、ツツハネカクシ、オオキバハネカクシ、メダカオオキバハネカクシ、メダカハネカクシ、アリガタハネカクシ、コガシラハネカクシ、オオハネカクシ、キノコハネカクシ、チビハネカクシ、ヒゲブトハネカクシなどである。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハネカクシの関連キーワード大赤翅小頭隠翅虫刷子毛蟻巣隠翅虫先赤触角太隠翅虫大錆色紋黄隠翅虫二星尻黒隠翅虫赤翅頸太隠翅虫痘痕小翅隠翅虫痘痕海辺隠翅虫二星目高隠翅虫頭長細頸隠翅虫小黒目高隠翅虫青翅蟻形隠翅虫大黄翅長隠翅虫大和長柄隠翅虫大和円首隠翅虫褄黄河辺隠翅虫小黒角太隠翅虫瑠璃小頭隠翅虫先赤翅長隠翅虫中赤角太隠翅虫

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハネカクシの関連情報