コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマスゲ(浜菅) ハマスゲCyperus rotundus; coco grass

2件 の用語解説(ハマスゲ(浜菅)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマスゲ(浜菅)
ハマスゲ
Cyperus rotundus; coco grass

カヤツリグサ科の多年草で,コウブシまたはクグともいう。ほとんど全世界に分布し,日本では関東地方以西の本州,四国,九州の海岸の砂浜,河原や日当りのよい原野に生える。細い地下茎が横に長くはい,その先端に塊茎を生じる。稈は塊茎から直立し高さ 20~30cm,基部に数枚の葉を叢生する。葉は線形でやや硬く光沢のある深緑色で,下部は葉鞘となり稈を包む。夏から秋にかけて,葉の間から花茎を出し,先端に狭線形の総包片を1~3枚生じ,その中心から数本の茶褐色の花序を出す。塊茎からひげ根を焼いて取去り,乾燥させたものを香附子 (こうぶし) と呼んで通経,鎮痙の婦人薬として用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハマスゲ【ハマスゲ(浜菅) coco‐grass】

カヤツリグサ科の多年草。畑や公園等の雑草として嫌われる一方,漢方薬では重要な薬草の一つでもある。細いが硬い地下茎を伸ばしてよく繁殖し,その先端と茎の基部に長さ1cm弱で卵形の塊茎がある。茎は細く,高さは10~20cmで,基部に少数の細く短い葉がある。夏から秋にかけて,茎の頂に苞葉2~3枚と3~4個の枝をもった散形花序を出し,濃赤褐色で細い小穂をややまばらにつける。全世界に分布する雑草で,砂地に多いが,畑地に入ると除きにくい害草となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone