コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハレアカラ国立公園 ハレアカラこくりつこうえんHaleakala National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハレアカラ国立公園
ハレアカラこくりつこうえん
Haleakala National Park

アメリカ合衆国,ハワイ州マウイ島東部のハレアカラ火山を中心とした国立公園。 1961年設定。面積 114km2溶岩火山噴出物固有種植物相などが保護の対象となっている。山麓には国防省,ハワイ大学などの天体観測所,天体物理学研究所が集中している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハレアカラ国立公園【ハレアカラこくりつこうえん】

米国,ハワイ州,マウイ島にある国立公園。公園内にあるハレアカラHaleakala山(標高2935m)は楯(たて)状火山で,頂上のクレーターは世界最大で長径12km,短径4kmのひょうたん形,深さ830m。
→関連項目マウイ[島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハレアカラこくりつこうえん【ハレアカラ国立公園 Haleakala National Park】

アメリカ合衆国ハワイ州東部,マウイ島の国立公園。同島東部,ハレアカラ山(3055m)を中心とし,1961年制定。面積110km2。名称は〈太陽の家〉の意。休火山である同山は,周囲32km,深さ830m,面積49km2の世界最大のクレーターをもち,砂漠草原森林がみられる。スミソニアン研究所による人工衛星追跡用の観測所がある。円錐火山の山頂まで自動車道が建設され,また50kmにわたる遊歩道がのびる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハレアカラこくりつこうえん【ハレアカラ国立公園】

アメリカのハワイ州マウイ島にある標高3055mの火山。ハレアカラクレーターは、直径約11km、深さ800mもある巨大な噴火口跡。クレーターの中には11個の噴石丘が点在し、地球とは思えない異様な景色が広がっている。映画『2001年宇宙の旅』のロケ地にもなり、シルバーソード(銀剣草)という、20年に一度しか咲かない貴重な高山植物が自生している。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ハレアカラ国立公園の関連キーワードアメリカ合衆国ハワイ[諸島]マウイ[島]オヘオの池

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android