ハレーション(英語表記)halation

翻訳|halation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

写真乾板やフィルムに非常に強いが当るとき,感光層を通り抜けた光がフィルムベースの裏側で反射されて戻ることによって起るかぶりをいう。強い逆光線や明るい光源に向けて写真を撮るときによく起る。これを防ぐために,フィルムベースに染料を塗布したり (ハレーション防止層) ,フィルムベース自体を薄く着色させて (グレーベース) 反射光を弱くしたりする方法が採用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

写真の像で、特に強い光の当たった部分の周りが白くぼやける現象。感光乳剤の層を通った光が反射し、再び感光層に作用するために生じる。光暈(こううん)。
1から転じて)派生して他に影響を及ぼすこと。主に、悪い影響についていう。副作用。「所管大臣の発言が地元でハレーションを起こす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

写真撮影において,写真フィルムに入射した光が感光乳剤層と支持体のフィルムベースとの境界や,支持体裏面から反射されてふたたび感光乳剤層に入り,乳剤を感光させる現象。ハレーションが起こると写真像が不鮮明になったり,明るい部分の周囲に不必要な像を生ずる。小型カメラ用フィルムではフィルムベースを灰色に着色してハレーションを防いでいるが,フィルムの品種によってはフィルムの背面や感光層とフィルムベースとの間に銀コロイドや染料を含むハレーション防止層を設けたものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

写真で、強い光が当たった部分の周囲が白くぼやけて写る現象。感光膜を通った強い光がフィルムベース裏面で反射し、再び感光膜に作用することから起こる。光暈こううん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (halation) 写真で、太陽や裸電球などを写した時などに映像のまわりにできる光線のにじみ。光暈(こううん)。〔フィルム写真術(1920)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハレーションの関連情報