コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロン湾 ハロンわんVinh Ha Long

7件 の用語解説(ハロン湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハロン湾
ハロンわん
Vinh Ha Long

ベトナム北東部,クアンニン省にある湾。アロン Along湾ともいう。バクボ湾 (トンキン湾) 北西部の支湾。面積約 1200km2ハロンは下竜と書き,ハノイの旧称タンロン (昇竜) に対している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハロン‐わん【ハロン湾】

Vinh Ha Long》ベトナム北部、トンキン湾北西部の支湾。湾内には、石灰岩台地の沈降と浸食によってできた大小2000もの奇峰が林立する。20世紀前半より在留フランス人の保養地として知られた。1994年、その独特な自然景観により、世界遺産自然遺産)に登録。アロン湾

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハロン湾【ハロンわん】

ベトナムの北東部,中国との国境に近いトンキン湾にある小湾。ハロンとはベトナム語で〈竜が降りる〉との意味で,湾内には海面から突き出した大小1000以上の海食洞をもつ石灰岩の小島や奇岩が静かな美しい海面にその姿を映し,〈海の桂林〉といわれる同国随一の景勝地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界遺産情報の解説

ハロン湾

ハロン湾はベトナム北部にあり、大小3000もの奇岩・島々が存在します。”海の桂林”とも呼ばれ、1994年にユネスコ世界自然遺産に指定されました。ハロンの地名は「龍が降りる」という意味をもちます。その昔、中国がベトナムに侵攻してきた時、龍の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石が奇岩になったという伝説が残っています。 彫刻作品のような島々の景観は、太陽の位置によって輝きが変化し、雨や霧によって趣のある雰囲気を醸し出します。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
世界遺産情報について | 情報

世界遺産詳解の解説

ハロンわん【ハロン湾】

1994年に登録、2000年に登録内容が変更された世界遺産(自然遺産)。ベトナム北東部のトンキン湾に位置し、風光明媚であることから、中国の景勝地、桂林になぞらえて「海の桂林」と呼ばれる。湾内には大小約1600の奇岩、小島が存在する。ハはベトナム語で「降りる」、ロンは「竜」で、ハロンは「空飛ぶ竜が降り立った場所」という意味である。竜が敵を撃退した時に石灰岩の山が砕かれ、竜の足跡は深い谷となって海中に沈んだという「降竜伝説」がある。十数万年の歳月をかけた浸食作用により、石灰岩が独特の景観を生み出した。◇英名はHa Long Bay

出典|講談社
世界遺産詳解について | 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハロンわん【ハロン湾】

ベトナムの首都ハノイの郊外にある、風光明媚な観光スポット。トンキン湾の北西部の湾で、大小3000もの島々や奇岩、断崖絶壁が広がり、「海の桂林」とも形容される。石灰岩台地が沈降し、風化作用によって削られ、このような景観を形づくった。ボートツアーが用意されており、海上から美しい景観を堪能できる。1994年に世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハロン湾
はろんわん
Baie d'Ha-Long

ベトナム北部、トンキン湾北西部の支湾。ハイフォンの北東からホンゲイ付近まで約150キロメートルにわたる。石灰岩や片岩系の低山性山地が海に陥没し、多数の小島や奇岩、怪石の散在する独特の景観を示す。ベトナム人が「下龍(アロン)湾」と命名した点にも風景の一端がわかる。第二次世界大戦前から有名な観光地で、在留フランス人の休養地となっていた。この湾は世界遺産の自然遺産として登録されている(世界自然遺産)。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハロン湾の関連情報