コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハン(漢)江 ハンこうHan-gang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハン(漢)江
ハンこう
Han-gang

韓国の北西部を流れる川。全長は 514kmで朝鮮半島で4位であるが,流域面積は2万 6000km2で,アムロク (鴨緑) 江に次いで広い。上流はプクハン (北漢) 江とナムハン (南漢) 江で,ともにテベク (太白) 山脈を源流域とする。プクハン江はクムガン (金剛) 山に源を発し,ソラク (雪岳) 山やオデ (五台) 山北斜面の水を集めたソヤン (昭陽) 江を合せて南西流する。ナムハン江はオデ山の南斜面に源を発し,テベク山,ソベク (小白) 山などの水を集め,チャリョン (車嶺) 山脈を横断して北東流する。両江はソウル市東方で合流して,ソウル市街地の中央部を流れ,北東に向きを変えてイムジン (臨津) 江を合せ,カンファ (江華) 島の北でキョンギ (京畿) 湾に入る。中流からは準平原の農業地域を流れ,下流のキンポ (金浦) 平野はキョンギ道の穀倉地帯である。流域は古くは百済の中心地で,ソウル南東郊のキョンアン (京安) 里はクアンジュ (広州) と呼ばれて初期の国都であった。ソウルも水運の便がよい要害の地として,李氏朝鮮の国都に選ばれた。沿岸には河港が発達していたが,河口が休戦ラインにあたるため,利用は限られている。プクハン江には水力発電所が多く,ファチョン (華川) ダムによるパロ (破虜) 湖,ソヤン (昭陽) ダムによるソヤン湖,ウイアム (衣岩) ダムによるチュンチョン (春川) 湖などの大規模な人造湖がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハン(漢)江の関連キーワードテグアルリョン(大関嶺)峠イムジン(臨津)江ソベク(小白)山脈カンファ(江華)島キョンギ(京畿)道ヨンサン(竜山)区ヨンイン(竜仁)郡ナムハン(南漢)山ソウル特別市大韓民国南漢山城聖王

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android