コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンガリー事件 ハンガリージケン

デジタル大辞泉の解説

ハンガリー‐じけん【ハンガリー事件】

1956年、ハンガリーで非スターリン化を求めて発生した大規模な反政府・反ソ暴動。首都ブダペストを中心に各地に波及したが、ソ連軍の介入で鎮圧された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハンガリー事件【ハンガリーじけん】

1956年,社会主義圏における非スターリン化の動きを背景に起きた事件。同10月ブダペストに起きた学生の反政府デモは全国に波及して反ソ暴動となった。首相ナジがソ連軍介入を要請したが民衆の反発を受け,一党独裁廃止,ソ連軍撤退要求,国連提訴など譲歩策をとった。
→関連項目クリスト・アンド・ジャンヌ・クロードクリストフハンガリーハンガリー社会主義労働者党ラーコシリゲティルカーチ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハンガリーじけん【ハンガリー事件】

1956年にハンガリーで起こった共産党(1948‐56年勤労者党,56年以降社会主義労働者党)政権に対する大規模な民衆蜂起。原因はまず共産党がソ連軍の武力を背景に政権を独占し,恐怖政治を行ったことで,ラーコシ政権下での反対派迫害は異常な広がりと残酷さをみせ,成人人口の2割近くが解雇,逮捕,拷問,投獄強制労働,国内僻地(へきち)やソ連内奥への流刑,死刑などを経験した。次に重工業中心の無理な工業化政策で国民の消費生活が犠牲にされ,1949‐52年には労働者の実質所得は18%も下落し,農業政策の失敗で食糧事情が極度に悪化していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンガリー事件
はんがりーじけん

1956年にハンガリーで非スターリン化を求めて起きた政治的動乱。1948年反チトー・キャンペーンのなかでハンガリーではラーコシ派による大粛清が始まった。また、傾斜的重工業化と農業集団化をてことしたソ連型自給自足経済体制が追求され、国民生活は大きく圧迫された。53年スターリンの死を機にリベラル派のナジ・イムレが登場し、軌道修正が図られたが、55年にラーコシ派の巻き返しで旧路線が復活した。56年に非スターリン化が始まるが、党指導部は有効な対応策を打ち出せずに指導力を弱めた。ポーランドでのゴムルカ復活を機に、56年10月23日、ラーコシ派の一掃、ナジの復活、政治的自由などを要求して労働者・学生のデモが行われ、いわゆるハンガリー事件が始まる。デモは暴動化の様相も伴って全土に広がり、23日夜にナジの首相復帰が党で決議されたが、第一書記のゲレーは同時にソ連に軍事介入を要請。事態は混乱し、反ソ的様相が色濃くなる。27日、旧社民党の指導者らを含むナジを首班とした新内閣が成立し、ソ連軍も撤退を開始。こうした情勢に押されて、事態は多党制復活、ワルシャワ条約機構脱退にまで進展。ソ連はここに至って事態が反革命化したとみて、11月4日に軍事介入を敢行する。他方、カーダールがこのソ連の動きに対応して革命的労農政府を樹立。大規模な武力的抵抗は短時間のうちに鎮圧され、13日間の政治的動乱はいちおうの終結をみた。もっとも、発足当初は国内的基礎をもたなかったカーダール政権は、局部的ではあるが表だった抵抗や首都労働者評議会結成などの不満の意思表示と闘わねばならなかった。しかし、こうした抵抗も短期間のうちに終息した。事件による死傷者は1万数千人に上り、さらに20万人近くの亡命者も出た。ナジは捕らえられ、58年に処刑された。
 この事件は、ソ連介入の是非を中心に国際的論争を引き起こした。サルトルらの親ソ的西側知識人の多くはこれを契機にソ連批判に転じ、ユーゴスラビア首脳も事件の反スターリン的意義を評価してふたたびソ連と対立した。他方、中国は、帝国主義に対する国際共産主義運動の結束の立場からソ連支持に回り、西側共産党もこれに足並みをそろえた。もっとも多中心主義の立場をとっていたイタリア共産党は、介入を支持しつつもユーゴに近い見解を表明した。この論争自体はスターリン主義と反スターリン派の対立という様相を呈したが、その後の社会主義の展開からすれば、この論争も当の事件も、同年のポーランド政変とともに、非スターリン化におけるさまざまな道を探る抗争であったと位置づけることができ、またハンガリー一国に限れば、この事件は、後のカーダール体制による上からの徹底した非スターリン化を準備した、下からの非スターリン主義化の悲劇的試みであったといえる。[家田 修]
『フェイト・フェレンツ著、熊田亨訳『スターリン以後の東欧』(1978・岩波書店) ▽フェイト・フェレンツ著、熊田亨訳『スターリン時代の東欧』(1979・岩波書店) ▽フェイト・フェレンツ著、村松・橋本・清水訳『民族社会主義革命――ハンガリア十年の悲劇』(1957・近代生活社) ▽ナジ・イムレ著、小山田・有田訳『共産主義について』(1958・鏡浦書房) ▽ヴェリコ・ミチューノヴィチ著、山崎那美子訳『モスクワ日記』(1980・恒文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハンガリー事件の言及

【東欧】より

…これに刺激されて,ハンガリーでも党員のうちの知識人層に改革派が成長し,56年10月には政治・経済体制の民主化を求める運動が首都の労働者・市民のデモとなった。しかしナジらの指導者は民族主義的となる国民を指導しきれず,ハンガリーの中立化などを宣言するに至り,ソ連の軍事介入を招いた(ハンガリー事件)。この両国以外でも非スターリン化による動揺はあったが,党や政府内部の問題として処理された。…

【ハンガリー】より

…このなかでラーコシの個人独裁が生まれたり,ライク外相ら〈チトー主義者〉の粛清が行われたり,性急な重工業化と集団化が行われた。こうした点への不満は,56年2月のソ連共産党20回大会での新路線採択とスターリン批判ののちに爆発し,10月にハンガリー事件を生んだ。知識人をはじめとする国民の改革要求はナジを新しい指導者にし,ナジはワルシャワ条約機構(1955設立)からの脱退,中立化や複数政党制の承認を宣言するまでにいたった。…

※「ハンガリー事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハンガリー事件の関連キーワードコール(George Douglas Howard Cole)ルフェーブル(Henri Lefebvre)ゲンツ(Árpád Göncz)ナジ(Nagy Imre)ソビエト連邦史(年表)ブレジネフ・ドクトリンシモーヌ ボーボアールソ連=ユーゴ共同宣言A. ヘゲデューシュトリスタン ツァラクロード モルガンZ. ティルディアグネス ヘラーニュー・レフト世界共産党会議ジョン ゴランF. テーケイR. バイヤンスターリン批判人民民主主義

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハンガリー事件の関連情報