コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンピ ハンピ Hampi

3件 の用語解説(ハンピの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンピ
ハンピ
Hampi

インド南西部,カルナータカ州にあるビジャヤナガル王国の王都の遺構。 1336年,イスラム勢力の南下を阻止するためにヒンドゥー教徒が新しい都の建設を始め,100年足らずののちには7重の城壁に囲まれた「勝利の都」と呼ばれる強固な都市を築き上げるとともに,多くの寺院が立並ぶ宗教都市として巡礼者を集めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハンピ(Hampi)

インド南部、カルナータカ州の町。ツンガバドラ川沿いに位置する。14世紀半ばから16世紀半ばにかけて栄えたビジャヤナガル王国の都が置かれた。多くのヒンズー教寺院、宮殿、水道橋、階段井戸などが点在する広大な都市遺構があり、1986年に「ハンピの建造物群」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハンピ

インド,カルナータカ州ベッラーリ県にある古都。14−17世紀に南インドを支配したビジャヤナガル王国の都が置かれたところ。当時,都は七重の城壁をめぐらしていたと伝えられるが,現在残っているのは一番内側の城壁だけで,中に王宮の跡がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ハンピの関連キーワードカルナータカ戦争ビジャープルビジャヤナガル王国カルナータカ音楽ベンガルールカルナータカスカルナープラバーダーミフブリ・ダールワールベルガウム

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンピの関連情報