コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーディ・ガーディ hurdy-gurdy

翻訳|hurdy-gurdy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーディ・ガーディ
hurdy-gurdy

擦弦楽器の一種。棹のないリュートのような形で,ロジン (松やに) を塗った木の円盤ハンドルで回して演奏する。弦の数は一定しないが,簡単なキーを押えて旋律を奏する高音の複弦と普通2~4本のドローン弦をもつ。 10~13世紀には教会音楽に用いられ,13世紀頃から世俗音楽に用いられるようになった。 20世紀中頃までは中部フランスを中心にヨーロッパの各地で使われていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハーディ・ガーディ

ヨーロッパに広く分布する機械的な擦弦楽器リュート型の共鳴胴をもち,右端にハンドルがつく。右手でハンドルを回すと松脂を塗った木輪が回転して弦をこすり,音がでる。
→関連項目リラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーディ・ガーディ
はーでぃがーでぃ
hurdy-gurdy英語
vielle (vile) roueフランス語
Leierドイツ語
symphoniaラテン語

ヨーロッパに広く分布する鍵盤(けんばん)付きのリュート属擦弦楽器。ハンドルで木の円盤を回して弦をこすることで音を出し、鍵操作で鍵盤楽器的に音高を変える。その元となったオルガニストルムorganistrum(ラテン語)は、10世紀には文献に現れ、バイオリンのような外観だが、全長が1.5~1.8メートルあり、2人が膝(ひざ)にのせて、ハンドル操作と鍵操作とを分担していた。これは教会や修道院で用いられたが、13世紀にはオルガンにとってかわられ、小形化されて、1人で演奏できる、より一般的、民衆的な楽器となり、名称もシンフォニアなどと変わった。教会や上流社会では15世紀ごろからこれを「悪魔の楽器」「乞食(こじき)の楽器」とよんで蔑視(べっし)したため一時衰退したが、さらに改良が進み、呼称もハーディ・ガーディなどとなった。18世紀にはフランス社交界で一時的に流行したが、現在ではおもに大道芸人用の楽器となっている。[前川陽郁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハーディ・ガーディの関連キーワードリラ(楽器)フィドルビエールノード

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハーディ・ガーディの関連情報