コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハートフィールド ハートフィールド Heartfield, John

4件 の用語解説(ハートフィールドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハートフィールド
ハートフィールド
Heartfield, John

[生]1891.6.19. ミュンヘン
[没]1968.4.26. ベルリン
ドイツ美術家。本名 Helmut Herzfeld。 1918年に始ったベルリン・ダダの中心的存在として活躍,写真の組合せによる作品で知られる。ナチスの台頭後は,多くのフォトモンタージュによる反ナチス作品を発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハートフィールド

ドイツの写真家,芸術家。フォトモンタージュの創始者の一人。第1次世界大戦時のドイツ軍国主義に抵抗して,本名ヘルムート・ヘルツフェルトを英語名に変える。大戦中は弟と作ったマリク社で左翼出版を続け,表紙や装丁で活躍,戦後,ドイツ革命共産党に入党し,ベルリン・ダダに参加してフォトモンタージュを駆使した体制批判で評価を高める。
→関連項目木村恒久

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハートフィールド【John Heartfield】

1891‐1968
ドイツのモンタージュ写真家。本名はヘルツフェルトHelmut Herzfeldであるが,第1次大戦中ドイツのナショナリズムに抗して英語名に変名。大戦中弟とともに創立したマリク社の左翼出版活動が表紙絵,装丁など創作の場となる。大戦直後のドイツ革命時に共産党に入党,同時にベルリン・ダダに参加し,フォトモンタージュの新技法を駆使してワイマール体制を批判。1924年にマリク社の窓に出された軍国主義批判の《父と息子》で政治的モンタージュの技法はさらに先鋭化され,30年以来《労働者挿絵新聞》に協力して,痛烈なナチス風刺の図像を生み,民衆を啓蒙した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハートフィールド
はーとふぃーるど
John Heartfield
(1891―1968)

ドイツのフォトモンタージュ作家。本名はヘルムート・ヘルツフェルデHelmut Herzfelde。第一次世界大戦終結後ベルリンに伝えられた前衛芸術運動ダダの活動のなかで頭角を現した。第一次世界大戦中の1916年、ドイツがイギリスとの戦闘状態に入ったことに対し、反国家主義の姿勢の表明として、自らのドイツ語名と同じ意味の英語名を名乗るようになった。
 両親に見捨てられるという辛い幼少期を過ごした後、兄のビーラントWieland Herzfelde(1896―1988)と行動をともにしながら前衛芸術運動にかかわるようになった。1907年ミュンヘンの王立美術工芸学校で美術教育を受け、ポスター・デザインを学ぶ。13年兄弟でベルリンに転居し、美術工芸学校に学ぶ。このころから、現地の前衛芸術家グループと交流を始める。15年には盟友となった画家ゲオルク・グロッスと運命的な出会いをする。2人は翌年にはアトリエを共有し、ともに左翼系の政治文学雑誌『新青年』Die Neue Jugendに寄稿。18年ハートフィールド兄弟とグロッスは、ベルリンに戻ったチューリヒ・ダダの中心人物の一人リヒャルト・ヒュルゼンベックRichard Hlsenbeck(1892―1974)とともに、ベルリン・ダダを創設。ハートフィールドは、同年ドイツ共産党にも入党し、左翼的傾向を強めた。
 ベルリン・ダダを特徴づけるのは、第一次世界大戦直後のドイツ国内の革命状況を反映した過激な政治的主張と、フォトモンタージュの革新的な発展を促したことにあった。とりわけハートフィールド、グロッス、ラウール・ハウスマンRaoul Hausmann(1886―1971)、ハンナ・ヘーヒHannah Hch(1889―1978)は、視覚芸術の新たな形として、既存の印刷物を素材にしてほかのメディアなどとも自由に組み合わせたフォトモンタージュを展開していった。ハートフィールドは、ベルリン・ダダが20年代初頭に退潮するなかで、活動の場を政治的プロパガンダの領域に広げ、共産党の定期刊行物や書籍のためのデザインやフォトモンタージュを精力的に制作した。なかでもグラフ雑誌『労働者画報』Arbeiter-Illustrierte Zeitung(AIZ)の表紙や誌面で27年から始めた、フォトモンタージュを駆使したナチスへの批判と糾弾のためのデザインは、その辛辣さとモンタージュのアイデアの豊かさの点で20世紀のフォトモンタージュの新たな次元を切り拓いた。例えば32年10月16日発行の『労働者画報』では、敬礼のために手を挙げたヒトラーの背後に資本家が立って、その手に大金を渡しているというフォトモンタージュが「ヒトラー式敬礼の意味」というコピーとともに表紙を飾っている。その批判の矛先は、スペインのファシズム政権、日本の南京(ナンキン)占領などにも向けられている。
 1929年、シュトゥットガルトで開催された写真史上重要な展覧会「映画と写真・国際展」で、ハートフィールドは一室を与えられ、フォトモンタージュによるアジテーション展示の空間を作り出した。入り口には「写真を武器として用いよ!」という言葉が掲げられていた。フォトモンタージュという手法自身は、同時代的に、ラズロ・モホリ・ナギやアレクサンドル・ロドチェンコ、エリ・リシツキーなど構成主義から出発した作家によっても発展させられた。フォトモンタージュは商品広告やイベントの告知などにも応用され、洗練されるとともに、広告における使用を一般化していった。それに対し、ハートフィールドは、共産主義者として、自分の仕事を芸術作品やたんなるデザインとみなすことはなく、あくまでも大衆に向けられた効果的なプロパガンダ、社会的なメッセージと規定して政治的立場を貫いた点で独自の境地を切り拓いた。
 33年のナチス政権樹立後、国を追われるが、チェコからロンドンへと拠点を移しながらも反ファシズムへの視点は弱まることはなく、38年まで発行地を変えながら『労働者画報』を発行して作品を発表し続けた。その間、制作されたフォトモンタージュは237点にのぼる。第二次世界大戦終結後、1950年に当時の東ドイツに帰国し、芸術アカデミーの教授となるかたわら、舞台デザインなどの領域で仕事を続けた。[深川雅文]
『John Heartfield, Wieland Herzfelde Leben und Werk (1962, VEB Verlag der Kunst, Dresden. New Edition 1986, Verlag das Europische Buch, Berlin) ▽Dawn Ades Photomontage (1976, Pantheon, New York. New Edition 1986, Thames and Hudson, London) ▽Eckhard Siepmann Montage; John Heartfield vom Club Dada zur [sic] zur Arbeiter-Illustrierten Zeitung (1988, Elefant Press, Berlin) ▽David Evans John Heartfield AIZ/VI 1930-38 (1992, Kent Fine Art, New York) ▽John Heartfield 1891-1968; Photomontages (catalog, 1969, Deutsche Akademie der Knste, Berlin)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハートフィールドの言及

【ダダ】より

… 一方,同じころニューヨークでは,1913年の〈アーモリー・ショー〉に,《階段をおりる裸体》を出品して反響を呼び,17年レディ・メイドの便器(《泉》と題される)を出品して物議をかもしたM.デュシャン,〈無用な機械〉シリーズで知られるマン・レイ,13年写真家スティーグリッツの画廊〈291〉で個展を開き,18年秋チューリヒに赴きツァラと意気投合する反芸術の闘士ピカビア,騒音音楽のバレーズらがダダ的サークルを形づくっていた。 17年1月ベルリンに戻ったヒュルゼンベックは,フォトモンタージュの名人ハウスマンとその恋人ハンナ・ヘーヒHannah Höch(1889‐1978),戦争中排外主義を嫌って英語風に改名した,政治的フォトモンタージュ作家ジョン・ハートフィールドと弟の編集者ウィーラント・ヘルツフェルデ,軍人とブルジョアを風刺する画家グロッス,ざれ歌詩人メーリングらとともに,18年4月〈ベルリン・ダダ〉を結成した。やがて彼らは,敗戦革命のなかで,反芸術と政治的宣伝を直結させる。…

【風刺画】より

… 20世紀になり,ベルリン・ダダの中心人物G.グロッスは第1次大戦後,反軍国主義,反資本主義の思想を表明するために,〈政治的,破壊的な風刺〉に奉仕した。彼と共同制作をしたこともあるJ.ハートフィールドはフォトモンタージュ(モンタージュ)という武器によって,社会の不正やナチスの暴挙を告発し,第2次大戦後は東ドイツで活躍して,ブレヒトの戯曲などのために舞台意匠も手がけた。フランス出身のアンゲラーTomi Ungerer(1931‐ )は絵本の制作や文筆のかたわら,素描家としてセックス・マシンと戯れる女性たちによって〈愛の不毛時代〉をユーモラスに描く。…

【モンタージュ】より

…20世紀初頭にベルリンのダダイストは,この大衆的娯楽の浸透に〈反芸術〉へのひそかな刺激を見いだしたのである。 ベルリン・ダダにおけるフォトモンタージュは,J.ハートフィールドG.グロッスR.ハウスマンとハンナ・ヘーヒHannah Höch(1889‐1978)という2組のグループによって別々に,ほとんど同時期につくりだされたと思われる。その萌芽は第1次大戦末期にあり,展開は1920年代の初めである。…

【ワイマール文化】より

… 他方,表現主義以上に否定性を徹底させ,もはや〈芸術〉の革命ではなく,市民社会の崩壊意識そのものを一つの運動体として破壊的に体現したのが,〈すべてに対するアンチ〉を旗印とするダダイズム(ダダ)であった。〈プロパガンダ〉として絵画を市民社会の実相の暴露に変えたG.グロスや,コラージュの手法を闘争の武器に変えたハートフィールドは,アバンギャルドがワイマール共和国の混沌の中で体現した一つの極点を示している。 ワイマール文化の中で国際的にもっとも大きな影響を及ぼしたのは,〈バウハウス〉運動を核とするドイツの建築・都市計画の新しい成果だった。…

※「ハートフィールド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハートフィールドの関連キーワードヘルツ合成写真フォトモンタージュモンタージュモンタージュ写真写真家ナラタージュビンテージプリントラグランジュ‐ヘルムホルツの式ハナヤ勘兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハートフィールドの関連情報