コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーバ ハーバHába, Alois

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーバ
Hába, Alois

[生]1893.6.21. ビツォビツェ
[没]1973.11.18. プラハ
チェコの作曲家。音楽理論家。プラハ,ウィーン,ベルリンで学んだのち,シェーンベルクの理論と,生地モラビア地方の民謡の影響を受けて,微分音の作曲技法を確立。 1923年プラハ音楽院の作曲教授。 22年に4分音を用いた『弦楽四重奏曲第3番』,31年に同じくオペラ『母』を発表して広く注目を浴びた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ハーバ

モラヴィアの農家の生まれ。この地域は民謡が盛んで音楽的には恵まれた環境にあった。幼少の時には父母の所属する楽団に混じって遊んでいたという。1914年からプラハ音楽院でノヴァークに作曲を師事、その後ウィ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハーバ【Alois Hába】

1893‐1973
チェコスロバキアの作曲家,理論家。生地近くの師範学校でチェコの古典的音楽などを学んだ後,プラハ音楽院に進み,本格的な作曲を始める。少年時代から母親の歌で親しんでいたチェコの民謡の音組織にヒントを得て,1917年に4分音を用いた作品を書く。その後ウィーンでも学び,20年代からは独自の作風を確立。プラハに戻った後は,6分音も含めた微分音を用いた旋律をもつ曲を書き,そのための楽器も考案した。【庄野 進】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーバ
はーば
Alois Hba
(1893―1973)

チェコの作曲家。通常の平均律の半音よりも狭い音程に基づく微分音音階を音楽に取り入れ、さらに理論的に深めた。彼の微分音の探求には、民謡音楽家であった両親や自らの民謡採譜経験が大きな影響を与えている。プラハ、ウィーン、ベルリンで学んだのち、1923~51年、プラハ国立音楽院で微分音科の教授となる。第二次世界大戦後は民族主義的傾向を強くする。代表作にオペラ『母』(1931・ミュンヘン初演)、『汝(なんじ)の王国の来らんことを』(1939~42)、『四つの九重奏曲』(第一番1931~32、第二番1932、第三番1953、第四番1963)など。[細川周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハーバの言及

【微分音】より

… 微分音は,民族音楽において微妙な音程進行や,音の揺れとして多くみられるものであるが,その他の音楽においても表現上の意図からビブラートやポルタメントにおいて生じている。 20世紀になると,微分音は音楽語法の一つとして積極的に取り上げられ,とくにハーバは微分音による作曲を体系化し,4分音によるオペラ《マトカMatka》,6分音による《弦楽四重奏曲第10・11番》など多数作曲した。また第2次大戦後には微分音はペンデレツキらのトーン・クラスターとしても用いられている。…

※「ハーバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハーバの関連キーワードチャールズ・ウィリアム エリオットHarbor Bridgeアルバート・M. クレイグベンジャミン フリードマンコンスタンチン イリーエフニール ルーデンスタインマリアン リポフシェック大阪府大阪市此花区常吉レジナ ヘルツリンガーデューン/砂丘の大聖堂D.B. マンフォードM.ヨータロー ヨシノ広島県廿日市市上の浜チェコスロバキア音楽秋田県仙北市田沢湖潟ルドルフ クビーンニューポートビーチカレル アンチェルハーバーボッシュ法マリーナデルレイ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハーバの関連情報