コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バカウ バカウ Bacǎu

3件 の用語解説(バカウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バカウ
バカウ
Bacǎu

ルーマニア北東部,モルドバ地方,バカウ県 (面積 6606km2。人口 73万 6100〈1992推計〉) の県都。ビストリツァ川とシレト川の合流点近くに位置する。中世以来モルドバ地方とワラキア地方を結ぶ商業上の要地として栄え,現在も重工業の中心地で,建築機材,油井用機材,製紙,パルプ,皮革,繊維などの工業のほか,冶金工業も発達している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バカウ

ルーマニア北東部の商工業都市。ビストリツァ川に臨む。工業が盛んで,航空機・電子機器・工作機械・繊維などの工業が行われるほか,付近で石油,石炭を産出。第2次大戦前までは住民の約1/2がユダヤ人であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バカウ
ばかう
Bacu

ルーマニア東部、バカウ県の県都。東カルパティア山脈の東麓(とうろく)、同山脈から流れるビストリツァ川がモルドバ地方へ流れ出る所にある。人口17万5921(2002)。1408年モルドバとポーランド間に通商条約が締結されて以来、商業都市として栄えた。19世紀後半に近代工業がおき、機械、木材、パルプ、製紙、繊維、皮革、食品などの工業が発達した。15世紀のプレチスタ教会がある。また郊外にはゲラエシュティ国立公園がある。[佐々田誠之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バカウの関連キーワードモルドバ語アルボーレ修道院コトナリ聖ゲオルゲ教会パトラウツィ修道院プトナ修道院フモール修道院ボロネツ修道院ミラウツィ教会モルドビツァ修道院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バカウの関連情報