コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシェ バシェVaché, Jacques

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バシェ
Vaché, Jacques

[生]1896
[没]1919
フランスの詩人。 A.ジャリの『ユビュ王』 (1896) の破壊的ユーモアシュルレアリスムに引継いだ人物として知られる。 1916年ブルトンナントバシェに会い,その激しい否定精神から強い影響を受けた。唯一の作品『戦争書簡』 Lettres de guerre (1919) は,シュルレアリスムの起源を示すもの。 19年1月に自殺した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バシェ【Jacques Vaché】

1895‐1919
フランスの詩人。ブルターニュ地方ロリアンに生まれる。若くして文才を示し,象徴主義やポー,マラルメらの影響をうかがわせる詩を発表。第1次大戦に動員されて負傷し,16年にナントの野戦病院に入院,ここでA.ブルトンを知る。動員解除後ナントでアヘンの吸飲が過ぎたために急逝した。なにごとをも拒否し極端化し,〈脱聖化〉せずにはやまないその精神はブルトンに多大の影響を与え,〈バシェは私においてシュルレアリストである〉と言わしめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バシェ
ばしぇ
Jacques Vach
(1895―1919)

フランスの詩人、画家。ブルターニュロリアンに生まれる。1914年第一次世界大戦に動員されたが翌年負傷し、ナントで看護を受ける。16年にこの地でブルトンと出会い、さまざまな言動と私信(死後に『戦時の手紙』として出版)によってブルトンに影響を与える。19年初頭、当地で1人の友人とともに多量のアヘンを吸飲して死んだが、自殺の疑いもある。ジャリらに連なるユーモアとダンディスムの表現、また初期アメリカ映画などへの嗜好(しこう)の側面で、シュルレアリスムの先駆をなすとされる。しかし実際にはほとんどなにひとつ作品を残しておらず、むしろブルトンの内部に形づくられた意味深い「分身」として位置づけるべき人物であろう。[巖谷國士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バシェの関連キーワード深刻小説石英岩シャルロットロシア映画ドイツ映画サイモン委員会たけくらべヴィーダーウェルニヒ金弘集

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バシェの関連情報