コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシェ バシェ Vaché, Jacques

3件 の用語解説(バシェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バシェ
バシェ
Vaché, Jacques

[生]1896
[没]1919
フランスの詩人。 A.ジャリの『ユビュ王』 (1896) の破壊的ユーモアシュルレアリスムに引継いだ人物として知られる。 1916年ブルトンナントバシェに会い,その激しい否定精神から強い影響を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バシェ【Jacques Vaché】

1895‐1919
フランスの詩人。ブルターニュ地方ロリアンに生まれる。若くして文才を示し,象徴主義やポー,マラルメらの影響をうかがわせる詩を発表。第1次大戦に動員されて負傷し,16年にナントの野戦病院に入院,ここでA.ブルトンを知る。動員解除後ナントでアヘンの吸飲が過ぎたために急逝した。なにごとをも拒否し極端化し,〈脱聖化〉せずにはやまないその精神はブルトンに多大の影響を与え,〈バシェは私においてシュルレアリストである〉と言わしめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バシェ
ばしぇ
Jacques Vach
(1895―1919)

フランスの詩人、画家。ブルターニュロリアンに生まれる。1914年第一次世界大戦に動員されたが翌年負傷し、ナントで看護を受ける。16年にこの地でブルトンと出会い、さまざまな言動と私信(死後に『戦時の手紙』として出版)によってブルトンに影響を与える。19年初頭、当地で1人の友人とともに多量のアヘンを吸飲して死んだが、自殺の疑いもある。ジャリらに連なるユーモアとダンディスムの表現、また初期アメリカ映画などへの嗜好(しこう)の側面で、シュルレアリスムの先駆をなすとされる。しかし実際にはほとんどなにひとつ作品を残しておらず、むしろブルトンの内部に形づくられた意味深い「分身」として位置づけるべき人物であろう。[巖谷國士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バシェの関連キーワードヌエットキブロンブルターニュ半島ラ岬シャンベルタンピノノワールバセー・フォーブ・ド・ブルターニュセビヨブルターニュ地方ガレット・ブルトンヌ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バシェの関連情報