コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バックグラウンド・ミュージック background music

翻訳|background music

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バックグラウンド・ミュージック
background music

背景音楽。略称 BGM本来テレビラジオなどのドラマなどで,あるムードを出すのに使われる音楽をさしたが,現在は,作業の能率を高めるために職場で用いる音楽をはじめ,ホテルレストラン商店銀行,病院などでそれぞれの環境にふさわしい雰囲気をつくるために流す音楽をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バックグラウンド・ミュージック

BGMと略記。駅,銀行,喫茶店など人の集まるところを快くするため絶えず小音量で再生される音楽。単調な作業における能率向上の効果もあるため,工場などでも採用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バックグラウンド・ミュージック
ばっくぐらうんどみゅーじっく
background music

略称BGM。第二次世界大戦後頻繁に使われるようになった用語で、バックミュージックバックグラウンドともよばれ、「背景音楽」「環境音楽(狭義)」と訳されることもある。能動的聴取を目的とする音楽ではなく、背景や環境の一部として供給される音楽をさす。したがって、強く印象に残り聴き入ってしまうような楽曲ではなく、気軽に聞き流せる楽曲が多く用いられる。喫茶店などでリラックスできるような音楽が流れていたり、工場などの職場で仕事の能率をあげるために音楽が流れていたりするのがこれである。BGMは目的に応じて作曲される場合もあるが、既存の作品の編曲がかなり多く用いられている。極端な例では、複数の楽曲の冒頭や結尾を取り除きメドレー風に続けることでカデンツァ(終止形)などにより生じる緊張感を除いたものもある。また、音楽療法に用いられる音楽の一部もバックグラウンド・ミュージックとよばれることがある。現在ではBGMはより充実し、ビデオテープレコーダーやビデオディスクプレーヤーの普及に伴ってBGVさらにはBGAVへと発展してきている。
 なお広義にBGMをとらえると、民俗音楽では作業中に歌われる「作業歌」、芸術音楽ではバロック時代の「食卓音楽」、20世紀に入ってはサティの「家具の音楽」なども含まれる。また1970年代におこった「ミニマル・ミュージック」(反復音楽)にもBGMの影響が認められる。[アルバレス・ホセ]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バックグラウンド・ミュージックの関連キーワードエリック・アルフレッド・L. サティイージー・リスニングサウンドスケーププラネタリウムシェーファー聴取率騒音

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android