コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッコヤナギ Salix bakko

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッコヤナギ
Salix bakko

ヤナギ科の落葉小高木または高木。別名ヤマネコヤナギ。北海道南半部から本州,四国に分布し,山地から丘陵地のやや開けた明るい場所に生じる。葉は楕円形または長楕円形で長さ 10cm,幅 4cmほど。先は鋭くとがり,基部は円形。辺縁に不規則な波状鋸歯がある。上面は無毛でやや光沢がある深緑色,下面は白色の縮毛が密生し粉白色。花は葉の展開に先立って3~4月に咲く。雌雄異株。雄花穂は長楕円形で長さ3~5cm,径 3cm。雌花穂も長楕円形で長さ2~4cm,径 1.5cm。めしべ柱頭は2裂する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バッコヤナギ
ばっこやなぎ
[学]Salix bakko Kimura

ヤナギ科の落葉高木。ヤマネコヤナギ(山猫柳)ともいう。葉は互生し、楕円(だえん)形で長さ約10センチメートル、革質で縁(へり)に浅く切れ込む鋸歯(きょし)があり、裏面は白色の綿毛を密生し、粉白色を帯びる。雌雄異株。春、葉に先だち、長さ4~6センチメートルの花穂を出す。雌穂は果実期に伸長する。雄花は雄しべ2本、腹側に腺体(せんたい)が1個ある。雌花の雌しべは花柱が短く、子房は長い柄があり、短毛を密生する。包葉は上半部が黒色で、長い毛がある。材の表面に隆起線があるが、ヨーロッパ産の近縁種S. caprea L.には隆起線がない。山野のやや乾いた地に生え、北海道南西部から四国に分布する。バッコの語源はアイヌ語のpakko(老婦)であるとする説などいくつかあるが、定説はない。[菅谷貞男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バッコヤナギの関連キーワードフリソデヤナギキベリタテハヤナギ(柳)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android