バフ仕上げ(読み)ばふしあげ

日本大百科全書(ニッポニカ)「バフ仕上げ」の解説

バフ仕上げ
ばふしあげ

機械研摩の一方法。羽(バフ)仕上げともいう。研摩粉を脂肪酸、硬化油、鉱油などで固めた油脂研摩材を、回転する布製の円板に塗り付けながら、品物をそれに押し付けて研摩するもので、目的はもっぱら光沢仕上げを与えることにある。研摩材として普通に用いられるものは、青棒(あおぼう)(酸化クロム)、白樺(しらかば)(焼成アルミナ)、マチレス(ドロマイト焼成物)および赤棒(あかぼう)(酸化鉄)などである。

[志村宗昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バフ仕上げ」の解説

バフ仕上げ
バフしあげ
buffing

バフ車 (布,フェルトなどの円板を多数重ねたもの) の表面砥粒を塗りつけて高速回転させ,工作物に軽く押当てて表面を仕上げること。いわゆるつや出しを主目的にする仕上げで,超仕上げラップ仕上げのように,寸法精度まで向上させることはできない。一般にはワックスグリースなどを併用し,卓上電気グラインダと類似形をしたバフ盤で作業する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「バフ仕上げ」の解説

バフしあげ【バフ仕上げ buffing】

布や皮革などの柔軟性に富んだ材料で作った円板状のバフ車を高速で回転させ,その外周に各種の砥粒(とりゆう)を密着したり,油脂や液体媒体として一時的に保持させて金属や非金属の表面加工を行う砥粒加工法の一種研削といしと異なってバフ車はそれ自体の剛性はほとんどないため,寸法や形状精度を出すことはできず,表面の平滑化や鏡面化など,主として外観の向上を目的としている。砥粒切れ刃による切削作用のほか,加工物表面の塑性流動も加工機構上重要な役割を演じていると考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバフ仕上げの言及

【機械加工】より

…高速で回転するといしを用い,これに機械的にある一定の切込みを与えて行われるほか,といしに圧力を加えて研削を行う方法としてホーニング超仕上げがあり,また砥粒のついたベルトにより加工するベルト研削加工もある。 遊離砥粒を用いて行う加工には,工具と加工物との間に砥粒あるいは砥粒と油などを混合したものを入れて,加工物を押し付けながら相対運動を行わせ,砥粒によりきわめて微小の切りくずを削りつつ加工を行うラッピング,砥粒を周囲に接着したホイール状の工具を高速回転させ,これに工作物を押し付けて加工するバフ仕上げ,バレルと称する容器内に砥材と工作物と工作液を入れて,回転または振動させて表面の仕上げを行うバレル加工などがある。なお切りくずを出す加工ではないが,滑らかな表面をもつ工具を加工物の表面に押し付けながら移動させ,加工物表面に塑性変形と加工硬化を生じさせながら滑らかな仕上面を得るバニシング加工も機械加工の中に含めることが多い。…

※「バフ仕上げ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android