バラナシ

百科事典マイペディア「バラナシ」の解説

バラナシ

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州南東部,ガンガー川河岸の古都。ベナレスワーラーナシーとも。商業,鉄道の要地。七宝,刺繍,絹紋織,宝石細工などの手工芸品を産する。最大のサリー生産地。ヒンドゥー教の聖地で,巡礼・沐浴(もくよく)で有名。北郊サールナート鹿野苑)は仏教の聖地。1500余の寺院,270余のモスク,大学(1958年創立)がある。前6世紀ころ十六大国の一つカーシー国の都となる。12世紀末ゴール朝に征服されて18世紀までイスラム諸王朝の支配下にあった。1738年バラナシ(ワーラーナシー)藩王国が成立したが1775年には英国支配に入った。143万2000人(2011)。
→関連項目トゥムリー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「バラナシ」の解説

バラナシ(Varanasi)

インド北部、ウッタルプラデシュ州東端の宗教都市。ガンジス川中流域で最大の都市であり、ヒンズー教徒の聖地。ビシュワナート寺院ドゥルガー寺院をはじめ、1500以上ものヒンズー教寺院があり、河岸に約5キロメートルにわたって教徒のガート(沐浴場)が連なる。北郊に釈迦が初めて説法を行った聖地サールナートがある。手織りのサリーを産する。人口、行政区109万、都市圏120万(2001)。ワーラーナシ。旧称、ベナレス。バナーラス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「バラナシ」の解説

バラナシ

(Varanasi) インド共和国北東部、ガンジス川中流左岸の都市。ヒンドゥー教七聖地中の最高の聖地で、ヒンドゥー教寺院が密集し、河岸には巡礼者が心身を清める水浴場がある。ベナレス。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android