コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラナシ Varanasi

翻訳|Varanasi

デジタル大辞泉の解説

バラナシ(Varanasi)

インド北部、ウッタルプラデシュ州東端の宗教都市。ガンジス川中流域で最大の都市であり、ヒンズー教徒の聖地。ビシュワナート寺院ドゥルガー寺院をはじめ、1500以上ものヒンズー教寺院があり、河岸に約5キロメートルにわたって教徒のガート(沐浴場)が連なる。北郊釈迦が初めて説法を行った聖地サールナートがある。手織りのサリーを産する。人口、行政区109万、都市圏120万(2001)。ワーラーナシ。旧称、ベナレスバナーラス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バラナシ

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州南東部,ガンガー川河岸の古都。ベナレス,ワーラーナシーとも。商業,鉄道の要地。七宝,刺繍,絹紋織,宝石細工などの手工芸品を産する。
→関連項目トゥムリー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

バラナシ【Varanasi】

インド北東部、ガンジス川中流西岸の宗教都市。ヒンズー教第一の聖地。絹織物・金銀細工などの手工業が盛ん。ベナレス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

バラナシの関連キーワードラジェンドラ パチャウリトゥルシーマーナス寺院ジャンタルマンタルラビ・シャンカールラームナガル城ミルジャプルゴール朝波羅奈国手工業鹿野苑絹織物

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バラナシの関連情報