コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルカン協商 バルカンきょうしょう Balkan Entente

3件 の用語解説(バルカン協商の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルカン協商
バルカンきょうしょう
Balkan Entente

1934年2月9日にギリシアトルコルーマニアユーゴスラビアの4ヵ国がブルガリアハンガリーオーストリアからの脅威に対し,それぞれの領土と政治的独立を防衛することを目的に結んだ条約。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バルカン協商【バルカンきょうしょう】

1934年2月ギリシア,トルコ,ユーゴスラビア,ルーマニアが締結した相互保障条約。バルカン情勢の安定と経済協力を目的とし,小協商諸国とともにヨーロッパの危機回避に努めたが,1936年以後イタリアドイツの行動によって無力化し,1940年2月に役割を終えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルカン協商
ばるかんきょうしょう
Balkan Entente

アルバニア以外の他のバルカン諸国が、ブルガリアを警戒して、1934年2月9日に結んだ相互保障条約。33年のナチス・ドイツ政権の成立や、現状不満国ブルガリアのイタリア、ハンガリーとの提携の動きを警戒し、ギリシア、ユーゴスラビア、ルーマニア、オスマン・トルコ帝国が、国境の相互保障と脅威発生時の協議を約束しあった。しかし締結国が枢軸側の圧力により切り崩され、無力に終わった。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルカン協商の関連キーワードユーゴーペイアズユーゴーラーゴスユーゴスラビアン・トライカラード・ハウンドトルコ・ギリシア戦争ギリシア・トルコ戦争ユーゴスラビア王国ユーゴスラビア共産党《ユーゴスラビア百科事典》ユーゴスラビア民族運動連合

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone