コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルカン協商 バルカンきょうしょうBalkan Entente

3件 の用語解説(バルカン協商の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルカン協商
バルカンきょうしょう
Balkan Entente

1934年2月9日にギリシアトルコルーマニアユーゴスラビアの4ヵ国がブルガリアハンガリーオーストリアからの脅威に対し,それぞれの領土と政治的独立を防衛することを目的に結んだ条約。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バルカン協商【バルカンきょうしょう】

1934年2月ギリシア,トルコ,ユーゴスラビア,ルーマニアが締結した相互保障条約。バルカン情勢の安定と経済協力を目的とし,小協商諸国とともにヨーロッパの危機回避に努めたが,1936年以後イタリアドイツの行動によって無力化し,1940年2月に役割を終えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルカン協商
ばるかんきょうしょう
Balkan Entente

アルバニア以外の他のバルカン諸国が、ブルガリアを警戒して、1934年2月9日に結んだ相互保障条約。33年のナチス・ドイツ政権の成立や、現状不満国ブルガリアのイタリア、ハンガリーとの提携の動きを警戒し、ギリシア、ユーゴスラビア、ルーマニア、オスマン・トルコ帝国が、国境の相互保障と脅威発生時の協議を約束しあった。しかし締結国が枢軸側の圧力により切り崩され、無力に終わった。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バルカン協商の関連キーワードテンプル日本製鉄神風連国語審議会タム東郷平八郎大川岩ソーダサニディン岩田原総一朗影なき男

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone