バルトリン腺(読み)バルトリンせん

世界大百科事典 第2版の解説

バルトリンせん【バルトリン腺 Bartholin’s gland】

前庭腺glandula vestibularis majorともいう。女性の外性器(外陰部)に付属する腺の一つで,男性の尿道球腺(カウパー腺)に相当する。デンマークの解剖学者バルトリンCaspar Bartholin(1655‐1738)により発見され,この名がつけられた。腟口の後側に左右1対あり,エンドウ豆ほどの大きさの粘液腺で,性的興奮時にうすい乳白色の粘液を分泌する。導管は左右1本ずつあり,小陰唇の内側部で腟口との境にあるくぼみで,腟前庭に開いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バルトリンせん【バルトリン腺】

〔デンマークの医者 C.T.Bartholin(1655~1738)にちなむ〕
女性性器の小陰唇の内側、膣口の側方にあるエンドウ豆大の粘液分泌腺。交接時に粘稠ねんちゆう性の分泌液を出し潤滑油的役割を果たす。大前庭腺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルトリン腺
ばるとりんせん

腟前庭(ちつぜんてい)で腟入口の左右にあるサクランボ大の分泌腺。その導管は2センチメートルくらいの長さで、小陰唇の内側で処女膜の直前に開口している。性的興奮時に腺を囲む球海綿体筋の収縮によって無色透明の粘液を分泌し、これが性交の潤滑液の役目をする。バルトリン腺炎はこの導管部から細菌が感染しておこる炎症で、進行するとこの導管が閉塞(へいそく)して腺腔(せんくう)内部に膿(のう)が貯留し、バルトリン腺膿瘍(のうよう)が形成される。腟入口の左右のいずれか一側に球状の腫脹(しゅちょう)を触れ、その部に圧痛がある。歩行、起坐(きざ)、排尿、排便時に激しい痛みを感ずるようになる。抗生物質の服用によって軽快しない場合には、切開排膿あるいは手術によって腫瘤(しゅりゅう)全体を摘出する必要がある。[新井正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバルトリン腺の言及

【性器】より

… 前立腺の下には尿道球腺が1対あって,尿道に通じている。これはカウパー腺ともよばれ,エンドウ豆大の粘液腺で,女性のバルトリン腺にあたる。この分泌物は無色透明の粘稠性のある液体で,射精に先だって性的興奮によって亀頭をうるおす。…

※「バルトリン腺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android